ホンダS660のイベントで見つけた注目のカスタマイズと最新パーツ情報 (1/2ページ)

ホンダS660のイベントで見つけた注目のカスタマイズと最新パーツ情報

S660のカスタムが熱い!

 ホンダ好き、スポーツカー好きから大人気の「S660」。軽自動車のセグメントには属しているものの、エンジンの排気量が660ccというだけで、新車価格は200万円を超える。1ランクから2ランク上のロードスターや86&BRZあたりとも何ら遜色ない魅力を放っている。

 そんなS660に着目し、ここ数回に分けて、人気のカスタマイズ・ポイントに迫ったり、定番人気のチューニング&ドレスアップ実例を紹介してきた。

 今回は、S660のオーナーが集うイベントで見つけた“番外編”カスタマイズと関連メーカー&ショップの最新パーツ情報をお届け。ぜひとも、これからのS660イジりの参考にしていただきたい。きっと新しい発見があるはずだ。

いち早く“ModuloX”を自分好みにカスタマイズ

 ホンダアクセスが製作する珠玉のコンプリートカーModuloX。もうひとつのS660とまで言われる S660 ModuloX をベースに自分好みにカスタマイズした一台がこれ。以前、オーナーは標準の赤いS660を所有していたが、このボディカラーが気に入り S660 ModuloX に乗り換え。サスペンションは ModuloX の純正ダンパーはそのままにスプーンのスプリングで15mmダウン。フロントバンパーにはドロップイン製のリップスポイラーを装着して、ModuloX バンパーをより個性的に演出している。ホンダS660

エアサス&18インチホイール! ガルウイングで怪しさ満点

 オーナーカーの域を超え、ショーカーレベルの高い完成度を誇る一台。海外のモーターショーに展示されていても十分に渡り合えるスーパーカールックだ。圧倒的に目を引くリアウイング、さらにはフロントバンパー&ボンネットはリザルトジャパン。ホイールは純正F15&R16インチの組み合わせから前後とも18インチに変更。足まわりはボルドワールドのエアサスに交換され極低車高をつくり出す。ホンダS660

斬新なボディワークによるクーペ仕様

 リアのエンジンフードをリザルトジャパンのクーペカウルに変更して、珍しいクーペボディにカスタマイズした斬新なS660。このS660はリバティーウォークのフルアエロを装着。リアからの眺めはオーバーフェンダーとエアロバンパーだけでもルックスが大きく一新されているが、そのクーペカウルでさらに印象が激変している。ホンダS660

意外にも似合ってしまう往年のAE86白黒パンダーカラー

 カー漫画『頭文字D』であまりにも有名なハチロク(トヨタAE86型カローラ/スプリンター)のパンダトレノ風に、白黒ツートンカラーに仕立ててしまったのがこちらのS660。その黒い部分は塗装ではなく、カーボンシートによるラッピング。「カーボンシートで色々とつくるのが好きで、それぞれのパーツにカットして貼ってみたら、それっぽくなりました(笑)」とはオーナー。S660では変わり種だが、とても面白いアイデアだ。ホンダS660

ボンネットブラでUS風フェイスに一新

 こちらはS660が発売開始と同時に、初期型の限定車として660台販売された コンセプトエディション がベース。フロントはS660ドットコムのエアロバンパーに交換。注目はボンネットの先端に装着されたボンネットブラ(ノーズブラ)。「VWゴルフ用のボンネットブラを付けてみたらイイ感じにフィットしました」とはオーナー。ほかには無限のハードトップをボルドレッドカーボン調に塗装した上、サンルーフを装着するなどオンリーワンなS660を目指している。ホンダS660

ミニオンのラッピングでS660を可愛くボディメイク

 ドレスアップコンテストに出場し、圧倒的に女子ウケが良かったのが、イベント用にミニオンでラッピングされたS660。「最優秀賞は逃しましたが現役レースクイーンから授かる『ゆっきー賞』は大変うれしく思っています」とオーナー。ボディラッピングだけじゃなく、ナンバープレートのボルトもミニオン、車内にもミニオンのキャラグッズが満載。オーナーのスニーカーもミニオンという拘りだ。ホンダS660

エンジン内部にまで手を入れた余裕あるハイパワー

 一見すると王道的なカスタマイズをしているS660だが、じつは、M&Mホンダのオーバーサイズピストンやコンロッドなどで本格的なエンジンチューニングまで施している一台なのだ。M&Mホンダと言えば福岡県にあるホンダ専門のチューニングパーツメーカーでありショップ。ホンダS660

 ピストンは、ターボチューニングには欠かせないアルミニウム合金2618材を用いたローコンプ鍛造品を投入。コンロッドは純正の弱々しいそれとはまったくの別ものとして、強化されたH断面のクロモリ鍛造品を使用する。「走りに余裕が出て、ワインディングでも普通車に余裕でついていけるようになりました」とはオーナーの談だ。ホンダS660


画像ギャラリー