HONDA S660がネオクラシックレーサーへ!! 市販化への期待が高まるボディキット

HONDA S660がネオクラシックレーサーへ!! 市販化への期待が高まるボディキット

純正オプションの域を超える遊び心を投入、
ホンダアクセスがめざすプラスアルファ!

2018年の夏に市販をスタートし、究極の純正オプションとして話題になったホンダ・S660の「ネオクラシック」。ドアとルーフ以外の外装パネルおよびヘッドライトを付け換えるという大胆な手法により、S660を大変身させることができるカスタマイズパーツだ。
その設計と製造を手がけた「ホンダアクセス」がネオクラシックをさらに進化。担当デザイナーいわく「カスタマイズの限界に挑戦した」というコンセプトカーが、東京オートサロン2019に出品された「モデューロ S660ネオクラシックレーサー」というわけだ。ホンダアクセス、honda、ホンダ、S660、カスタム、東京オートサロン2019、ボディキット

ネオクラシックをベースに、前後バンパーやルーフ、エンジンフードを新デザインとし、オーバーフェンダーを装着することで、その名の通り”ネオクラなレーシングカー”として仕上げられていた。イメージは「古き良きヨーロッパの小型レーシングカー」である。

ルーフからリヤスポイラー&リヤバンパーまでの造形は、単なるデザインではなく、空力(サーキットで効果を実証済み)やスタイリングのバランスを考慮してのもの。ボディサイズが小さい軽自動車では、ほんの少しのパネル形状の変更により、プロポーションが崩れてしまうこともあるが、このクルマでは前後バンパーとリヤスポイラーにより、全長はノーマルよりやや大きくなっているものの、オーバーフェンダーの装着によって拡幅され(純正比150mmワイド)、絶妙なバランスのスタイリングを実現した。ホンダアクセス、honda、ホンダ、S660、カスタム、東京オートサロン2019、ボディキット

注目したいのは、これほどのカスタマイズ仕様を、ホンダの純正オプションを手がけるホンダアクセスが作り上げたこと。市販化の可能性を秘めていることは間違いないだろう。
ただし、ボディサイズの拡大により5ナンバーサイズになるため、車両登録の面での障壁はあるが、現状でもほぼこのままの仕様で構造変更登録は可能(ヘッドライトカバーなど一部は形状変更が必要)。ユーザーニーズとしては5ナンバー化を期待する向きもあるが、軽自動車枠のサイズで装着可能なパーツとしての市販化も十分想定される。なかでもルーフやエンジンフード、前後バンパーなどは、すぐにでも市販化できそうに思える。ホンダアクセス、honda、ホンダ、S660、カスタム、東京オートサロン2019、ボディキット

ネオクラシックは2016年の東京オートサロンでコンセプトカーとして登場し、そのときの反響の大きさを受けて、後に市販された経緯があるだけに、ネオクラシックレーサーの登場にも、ますます期待がかかる。


画像ギャラリー

第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!