オーナーカーで見るホンダ S660「最新カスタマイズ実例」 見た目も楽しめて&走りもヨシ!!

オーナーカーで見るホンダ S660「最新カスタマイズ実例」 見た目も楽しめて&走りもヨシ!!

S660オフ会に集まった個性派メイクの数々

 ミッドシップリア駆動の2シーターオープンカー。それゆえにスタイリングも秀逸で、ホンダS660は本当の意味でピュアスポーツカーとして世界に誇れるクルマだ。ボディサイズや排気量はミニマムだけど、だからこそクルマに乗せられるのではなく、うまく性能を引き出し「意のままに操れる」楽しさはS660ならでは。大排気量&大パワー車も楽しいが、性能を全部使い切るシーンは余程のとき以外限られてしまう。それに比べると、日常のちょっとした運転で、交差点を曲がるだけでもミッドシップのハンドリングの良さが味わえるクルマは”エスロク”のほかにはないと言っていいだろう。

 そんな、見た目も楽しめて&走りもヨシというS660は、カスタマイズを楽しむベース車両としても人気。熊本の阿蘇山の麓で開催された「第5回 頑張ろう九州 S660全九オフ」に集まったオーナーたちのドレスアップ&チューニング欲は旺盛で、止まるところを知らない。ここでは、S660最新カスタマイズ実例をピックアップしてお届けしていこう。

モデューロバンパーを活かし、
ワンオフマフラーで魅了

ホンダS660のカスタマイズとチューニング 足まわりに重みが出る5本スポークデザインのホイール「ワークマイスターCR01(F16×7.0J/R16×8.0J)」を装着し、イデアル車高調でロワード。エクステリアのモディファイは「ホンダのディーラーでひと目惚れした」というモーデューロのバンパー装着にとどめ、シンプルに存在感を主張する。

 見せどころはリアにも。加工されたリアバンパー開口部からチラ見せさせたエビ管溶接によるワンオフマフラーを装着。「3年ぐらい前、エスロクでは誰もやっていなかったのでショップに頼んで作ってもらいました」。派手さはないものの、S660そのものやモデューロエアロの素材を活かしたカスタマイズとして、参考になる一例と言えよう。ホンダS660のカスタマイズとチューニング

 

オシャレな雰囲気を放つ
NSXフェイスのクール版S660

ホンダS660のカスタマイズとチューニング 有名なイギリスのアパレルブランドの月桂樹マークをエンジンフードにあしらい、オシャレな雰囲気が漂うS660。つい最近アップデートしたというリアウイングは、エアロパーツブランド「GRAND ARMOR」 の新作。いままでにない上品さとアグレッシブさを兼ね備えたデザインになっている。

 また、ルーフスポイラーも「GRAND ARMOR」。フロントバンパーはNSXのフェイスをオマージュした「リバティーウォーク」製に交換し、ホイールは「エンケイ」をチョイス。白いボディにシルバーのホイールを合わせることでクルマを大きく見せる効果を狙っている。ボンネットスポイラーは「ガゼルパンチ」。マフラーは「GRAND PRIX」のワンオフでさらなる差別化を図った。ホンダS660のカスタマイズとチューニング

 

随所に入れたさり気ない仕立てで
オリジナル感を巧みに演出

ホンダS660のカスタマイズとチューニング ボンネット先端につけられた赤のホンダバッジや、グリル&サイドスカートの赤ラインをはじめ、開口部のカーボン貼りなど挙げるとキリがないが、独自のさり気ない小ワザが随所に効いているタイプR風なS660。フロントは純正バンパーに「ガレージベリー」のリップスポイラーにアンダーフラップを追加した。

 ダクトカバーは「シルクブレイズ」製。サイドステップは「無限」に「J-mode」のダクトを追加し、リアも「J-mode」のディフューザー付きスポイラーでスポーティにまとめあげた。「HKS」のフロントパイプ+マフラー、メタルキャタライザーなどチューニングも抜かりなし。車内にはメーターまわりにカーボンが貼られ、汎用のパドルシフトを後付けしている。

ホンダS660のカスタマイズとチューニング

 

マジョーラのグリルで注目度UP!!
ドレコンで優秀賞を獲得

ホンダS660のカスタマイズとチューニング 今回の「全九オフ」で行なわれたドレスアップコンテストで、優秀賞の1台に選ばれたS600。ドレスアップのテーマは”スポーティ&美”。お気に入りのポイントは、光の当たり方や見る角度によって美しく色が変わるマジョーラで、フロントグリルやエンジンフードダクトのネットにアクセントを付けた。

 また、フロントバンパーは「リバティーウォーク」で、ボンネット&エンジンフードは「ドロップイン」製を装着。サイドスポイラーは「無限」とし、リアは「バックヤードスペシャル」のビルトインマフラーをレーシーなダクト開口部から排気する。そして、足元はレイズの「TE37 KCR」を履かせて、「ブリッツ」の車高調でローダウン。「バックヤードスペシャル」のCPUなどでパワーアップも果たしている。ホンダS660のカスタマイズとチューニング

 

女性オーナーとは思えない
迫力のスーパーカーシルエット

ホンダS660のカスタマイズとチューニング「女性が乗っていないようなクルマを目指しています」と語るのは、ミニオンが大好きなキュートな女性だ。フロントバンパーは「モデューロ」を装着し、「GRAND ARMOR」製のリップスポイラーを装着して疾走感アップ。しかも塗り分けにアレンジを加え、エアロパーツは調整式ロッドで補強するという懲りようである。

 さらにサイドステップは「ノブレッセ」、リアは「J’s RACING」のバンパーロアとダックテール、GTウイングは「ブリッツ」製を装着したブランドミックス仕様。スーパーカーを彷彿とさせるメイクを実践している。チューニング面では、HKSのサクション+SQVブローオフバルブ、水冷式オイルクーラーなど機能アップを追求した。ホンダS660のカスタマイズとチューニング

 

欧州車の香りが漂う
スポーツラグジュアリーカー

ホンダS660のカスタマイズとチューニング 誇り高き欧州車のような雰囲気が漂うラグジュアリーテイストのS660。GT系には違いないけど、オトナびたカスタマイズ手法はほかと一線を画す仕立てだ。それを印象づけているのが足元に履かせた「プレミックス サッシカイア」のホイール。他にもフロントバンパーは黒の塗り分け方が秀逸な「パンドラ」製で「PIAA」のフォグランプを追加。リアロアバンパーとアクティブスポイラーは「モデューロ」でキメた。

 また、ルーフは純正のソフトトップから「無限」のハードトップに交換し、「ベバスト」のサンルーフを後付け。シートはオレンジのアクセントが鮮やかなヒーター付きの「レカロ」をセットし、トゥイーターやサブウーハー、デッドニングなどオーディオ系もかなり充実だった。ホンダS660のカスタマイズとチューニング

 

ミッドシップスタイルが際立つ
純正プラスαのグッドメイク

ホンダS660のカスタマイズとチューニング ロングノーズ&低重心フォルムのMR特有の2シータースポーツ。そんな魅力を存分に引き出して巧くスーパーカーフォルムを加速させた一台といえる。まず、ホイールはコンケイブが特徴的な「アドバンレーシング RZII」。フロント&サイドは「シルクブレイズ」で、ボディカラーとブラックで塗り分けて一体感の向上を狙った。

 そして、リアスポイラーは「ガレージベリー」製を選択。チューニングは「HKS」の100馬力タービンキットでパワーアップを施し、「街乗りでもレスポンス良く走らせるために、あえてフィルターは純正タイプにして、マフラーの中間パイプにも絞りを入れています」とのこと。ホンダS660のカスタマイズとチューニング

 

見た目良し&ガンガン走るS660は
フルチタンマフラーの音色も魅力

ホンダS660のカスタマイズとチューニング オーナーは、スポーティなルックスにこだわりつつ、サーキットからワインディングまで走れるS660を目指しているという。エアロパーツは「リザルトジャパン」製でほぼ統一し、リアウイングのみ「シルクブレイズ」を装着している。ホイールは「レイズ」のTE37ソニックとし、タイヤは「ダンロップ」のハイグリップタイヤであるディレッツァZIIIという本気モード仕様とした。

「排気サウンドが最高なんです」と語る吸排気系パーツの内訳は、「44G」の触媒ストレート、「S,S,I」のフルチタンマフラー、「HKS九州」のレーシングサクション+ワンオフチタン製パイプという組み合わせ。さらには「SEEKER」のECUチューニングで乗りやすさ重視のセッティングを行なった。ホンダS660のカスタマイズとチューニング

 

撮影協力:九州S660オーナーズクラブ主催『第5回 頑張ろう九州 S660全九オフ』


画像ギャラリー