自動車電話からおしぼり器まで、バブル期にあった変わり種なクルマ装備とオプションパーツ

自動車電話からおしぼり器まで、バブル期にあった変わり種なクルマ装備とオプションパーツ

おもてなしよりも自己満足だった世界

 かつての自動車装備やオプションパーツと言えば、色々あるとありがたいですが、正直使えないシロモノもあったりします。特に昭和末期は今とは違って変わり種が多かったのも事実。クルマの成長と共にオプションパーツも成長したのかもしれません。現代といえばバックモニター、ドライブレコーダー、ETC車載器、などなど手堅く賢い装備が人気です。

 少し振りかえって見ますとバブルの頃なんか、今とは違って過剰な装備がありました。まず、日産の高級車「シーマ」(Y31)にあったのが小型のブラウン管を採用したマルチAVシステム。当時はアナログ放送だったので映りにくく、さぞ助手席に乗っている人はつまんなかったでしょう。自動車電話や冷蔵庫などバブル時代にあった自動車のオプション装備

 また、日産といえばグロリア/セドリック(Y31)の上級グレードに加湿器なんて言うのもありました。モイスチャーコントロールとも呼び、オーナーだけでなく車内も潤っていたはずです。さらに”おしぼり専用”の冷温器というのも設定されてましたが、おもてなしを重んじる日本人の発想ですよね。

 もちろんトヨタだって変わり種は存在で、セルシオのオプションでは冷蔵庫がありました。当時は物珍しかった装備は、あまり利用することがなかったうえ、収納スペースはペットボトル2本が限界。思ってたより実用的ではなかったと記憶してます。自動車電話や冷蔵庫などバブル時代にあった自動車のオプション装備

 で、リアシートには自動のサンシェードやカーテン、そして、読書灯もありました。定番といえば白のレースシートカバーでしたね。こちらは庶民にもおなじみであり、ファミリーカーには定番のオプションだったのです。逆に日産インフィニティQ45には18金のキーをオプション設定。いかにもバブルって感じで、発想がぶっ飛んでましたね。

 定番は、やはり自動車電話。設置場所は、運転席と助手席との間にあるコンソール上もしくはボックス内(当然コード付き)が定番。トランク両脇にそびえ立つ電話用アンテナも誇らしく、憧れの装備がついたふりをしたダミーアンテナも見かけることがありました。なお、自動車電話は保証金20万円、月額使用料3万円、通話は6秒で10円と、おったまげーな価格。人通りの多い場所で窓全開、「しもしも〜」は優越だったのはないでしょうか。自動車電話や冷蔵庫などバブル時代にあった自動車のオプション装備


画像ギャラリー