マツダ・ロードスター生誕30周年! 今だから話せる初代モデル開発秘話 (1/2ページ)

マツダ・ロードスター生誕30周年! 今だから話せる初代モデル開発秘話

米国からRX-7とは違うオープンカーを提案

「令和元年」がいよいよスタートした。30年前の平成元年(1989年)は、国産車の歴史的大豊作の年で、平成を通じてナンバーワンの名車ともいえる、マツダユーノス・ロードスター(NA型)のデビューイヤーでもあった。

 デビュー30周年を迎えた2019年4月に行われたオートモビルカウンシルで、初代ロードスター(NA型)の企画を手掛け、のちのマツダのデザイン本部長を務めた福田成徳さんにロードスターの試作車を前にしてお話を伺うことができたので、紹介したい。マツダ・ロードスターが30周年

「この試作車は懐かしいね。この最初の試作車を作るために、アメリカにスタジオを作ったんです。カルフォルニアスタジオでしたね。もともとはPPR(プロダクト プランニング リサーチ)のメンバーが広島からカルフォルニアに出張してきた際のケアグループが母体だったのですが、それをデザインするスタジオにしようと提案して、そこに私が派遣されたんです」マツダ・ロードスターが30周年

「スタジオといってもデザイナーもいなくて、人集めからはじめました。だから一番最初は開発コードも名称もなく、私たちのニックネームで『デュオ』って呼んでいました。この試作車には「V705」という正式なコードがついていますけどね」マツダ・ロードスターが30周年

――構想着手から5年、量産開発から3年という時間をかけデビューしたNA型ロードスターですが、開発初期から重視していたファクターは?

「それはオープン2シーターのライトウエイトスポーツです。マツダにはRX-7というスポーツカーがあったので、2台もスポーツカーはいらないという議論もありましたが、サバンナRX-7 カブリオレとは違うオープン2シーターを持ってもいいはずだ、としてカルフォルニアから提案させてもらいました。カルフォルニアのデザインスタジオの最初の仕事がこのプロトタイプになります」マツダ・ロードスターが30周年

――このプロトタイプモデルのデザイン的な特徴は?

「皆さんよく聞かれるのは、ボンネットの2つのバルジです。これはエンジンの大きさや形状とは無関係で、シートのセンターなんです。シートの後ろにバルジを付けたので、ボンネットがフラットだとバランスが取れないので……。これでもまだ足りないでしょ。走らせてみるとツルンツルンの丸いリンゴみたいに見えたので、我々は『アップル君』と呼んでいました(笑)」マツダ・ロードスターが30周年

「実はこのカタチから、量産車のデザインに移行するまで2年かかりました。サイドにラバーが入っていますが、このクルマのボンネットはフロントヒンジの逆アリゲータータイプで、このラインからトップが起き上がります。古典的なスポーツカーらしさを考えてデザインしたんですが、軽量化云々の関係でエンジニアリングの方から要望があって、オーソドックスなボンネットにやり直しました」マツダ・ロードスターが30周年

――ドアノブも先進的なデザインですが

「これもやってはみたものの、手が引っかかるとかいろいろ問題点が指摘され、紆余曲折で量産車のドアハンドルが採用しました。あれでも女性の長い爪が割れるとか言われて、NB(2代目)ではファミリアのドアハンドルに戻してしまいました」マツダ・ロードスターが30周年

「もうひとつ、やりたかったのはトノカバー。これをハードタイプで作りたかったんですが、価格に跳ね返って売れなくなるということで泣く泣く断念した経緯があります。これは前方が起きて、幌を出して締める作りだったんですけどね」マツダ・ロードスターが30周年


画像ギャラリー