「エアロ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

「STI」調律のインプレッサスポーツ&フォレスター試乗! ニュル24時間レースで得た技術を市販パーツへ

強靱さとしなやかさを両立 SUBARU車のモータースポーツ&ワークスチューンを担う「STI(スバルテクニカインターナショナル)」。チューニングのテーマは体幹チューニング。最近よく耳にする”体幹”で...

続きを読む...

新型レクサスRX登場!モデリスタが早くもプレミアム感溢れるエアロパーツを発表

優雅で力強いスタイルへグレードアップ「トヨタカスタマイジング&ディベロップメント」は、マイナーチェンジを実施した新型レクサスRXの発売に合わせ『F SPORT PARTS(MODELLSITA)』と銘打ったモデリスタブラ...

続きを読む...

素晴らしきオタク文化! 日本が誇る自動車カルチャー「痛車」がブーム再燃なワケ

クルマというキャンバスに個性を込める アニメやゲームなどのキャラクターイラストをボディに貼ったクルマを「痛車(いたしゃ)」と呼ぶ。この痛車がいつ頃から始まったというのには諸説あるが、存在が目立ってきたのは2000年代前半...

続きを読む...

令和の自動車カスタマイズ、軽自動車ベースの旧車風スタイルが熱い理由

維持費が安くトラブル知らず パッと見はクラシックカーで中身は最新の軽自動車、そんなクルマを街中やクルマ関連のイベント会場で目にした人もいるはず。以前はコアなファンが支えていたカテゴリーだが、近年は裾野が大きく広がると同…

続きを読む...

日産R35型GT-R用パーツが続々登場!ストリートからサーキットまでタイプはさまざま

本物志向のオーナーを満足させる作り込み 日本を代表するスポーツカーといえば日産GT-R。現行モデルは570馬力を発揮する3.8リッターV6ツインターボエンジンを搭載し、空力性能を考慮したボディワークなど、ノーマルでも十分...

続きを読む...

どちらがお好み? トヨタRAV4 カスタマイズの2大巨頭を徹底比較してみた

アーバンなモデリスタ、アクティブなTRD アウトドア派が注目するトヨタ「RAV4」が再び日本で販売された。トヨタにはハリアーがあり、SUV同士での差別化を視野に、より悪路走破性が高められているのが特徴だ。ま...

続きを読む...

空気抵抗が増えるのになぜ? スポーツカーのボンネットに穴が空いているワケ

ハイパワー車では冷却性能を確保する スポーツカーでは、ボンネット(フロントフード、エンジンフ―ド)に穴(ダクト)が設けられている印象が強い。現行モデルでいえば、スバルWRX STIは大きなインテークが設けられているのがア...

続きを読む...

ハイエース&キャラバンでアウトドアを楽しむ! いま注目の箱車カスタマイズ6選

車高アップで海や山でアクティブに!“遊び”がテーマだった大阪オートメッセ2019のトヨタ・ハイエース&日産・キャラバンゾーン。各メーカーが取り組んできたスタイリングは、アウトドアはもちろん、街中で...

続きを読む...

1 / 55123...102030...»