「エアロ>セダン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

WRC仕様のスペシャルブランド「エスクラフト」が作り出すワイドボディの世界

プラス16mmのワイドフォルムでWRX STIでのラリースタイルを構築【S-CRAFT WRX STI】WRCレプリカを施すオーナーたちにとって、誰もが知っている「エスクラフト」のエアロパーツ。そのクオリティの高さに定評...

続きを読む...

価格もお手頃!! 汎用スポイラーでフロントバンパーにアクセントをプラス!

車種を問わない懐の広さも注目!DIYでカンタンに取り付けできるいま、フロントバンパーへアクセントを与えられるスポイラーがブレイクしている。スポイラーといえば「エアロパーツ」をイメージするけど、注目したのはどんな車種にもマ...

続きを読む...

「ブラックパールコンプリート」を愛するオーナーが作り出すUS VIPスタイル

カリフォルニア発の気鋭プロショップが3台のレクサスとNSXに着手Mike Vo氏。現在はショップの代表であるが、元々はどこにでもいるカスタムカー乗りだった。その氏が「いつか自分もVIP系メイクをプロデュースしたい」と始め...

続きを読む...

新車でも流行の兆し「最近よく耳にするフラップエアロってナニ?」

視覚的な車高の低さも得られる、手軽さが人気上昇中なエアロパーツ最近の市販車は、純正エアロパーツの形状がもともと立体的で、複雑なカタチを採用しているモノが多くなってきた。さらにセンサー類も数多く装備されていたりするので、…

続きを読む...

【工場見学】「カーボン製」のエアロパーツってどうやってできるの?

きめ細かいマテリアルを再現するCFRPエアロができるまで「カーボン(CFRP)製のエアロパーツ」といえば、さまざまなクルマやスタイルにマッチし、無骨なマテリアルでレーシーなルックスをもたらす。このCFRPとは、̶...

続きを読む...

奇抜さは要らない、レクサスLSを上品に仕立てられる稀有なボディキット

「レクソン」から先代LS後期に向けてジェントルに奏でる4点をリリース新型LSの登場に沸き立つセダンのカスタム業界だが、現実的なベースとして、盛り上がりを見せるのが先代モデルの後期型だろう。今まで雲上の存在だった国産最高級...

続きを読む...

プラスαで質を高める「レクサスLC」のボディキット、ここに完成

WALDの持つ世界観をLCに込めて、世界に羽ばたく渾身のプログラム日本が世界に誇る高級車として生まれたレクサスLC。そんなハイソカーに対して、世界に名を轟かせる「WALD(ヴァルド)」が挑んだ。ロールスロイスやメルセデス...

続きを読む...

1 / 15123...10...»

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...