「エクステリアパーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

電気自動車「リーフ」もリフトアップするとワイルドに!新感覚なアゲレシピ♪♪

足元は手軽のスプリングでちょいアゲし、オリジナルのテッチンでキメる電気自動車だから、エコカーだから、大人しく街乗り仕様で。そんな枠にとらわれていたら、楽しいクルマには出会えない。例えば「ESB」が手がけた日産リーフ。今後...

続きを読む...

脱定番カスタム!! プリウスの車高を上げてワイルドなオフロードスタイルに

プリウス・カスタムの名門が描く、“違和感こそが真の醍醐味”トヨタ・30/50系プリウスの各種パーツを手がける「スペジール」が発表した新シリーズ、『On/Off』。本来ならば同店はローダウンがカスタ...

続きを読む...

STIがレヴォーグ・BRZ・WRX乗りからのリクエストに応えてくれましたよ!!

大阪オートメッセ2018で反響の多かったドアミラーカバーが発売になりました!SUBARUのモータースポーツ活動やパーツ開発を手がける「STI(スバルテクニカインターナショナル)」が、ファンからのリクエストに応えてくれまし...

続きを読む...

スギ由来の内外装を世界で初めて自動車に採用!光岡ビュートで実証実験開始

環境に優しく強度・耐久性に優れた「改質リグニン」を使用するGFRP10月23日(火)、国立研究開発法人の産業技術総合研究所と森林研究・整備機構 森林総合研究所、そして宮城化成、光岡自動車の4機関が都内で記者会見を開き、木...

続きを読む...

ルーフキャリアの基礎知識「システムタイプならアレンジは無限大」

ドレスアップ効果も高くカッコ良くキマるキャリア&アタッチメントの選び方は?本来は積載性を確保するために装着されていたルーフキャリアが、現在はひとつのドレスアップスタイルとして人気を集めている。今回は、そんなルー…

続きを読む...

SUBARU XVを日常でワクワクできるオフロードスタイルへ

「好きな場所へ自由に、オシャレに」。クロスオーバーSUVの新しい楽しみ方本格的なキャンピングカーはいらないけれど、たまには家族や仲間を乗せて、キャンプやアウトドアも楽しみたい。兵庫県神戸市に店舗を構える「ダブルフット事業...

続きを読む...

無限のN-VANはモータースポーツ観戦にもお似合いの仕様に!

デカール、エアロパーツ、フロアマットなど粋なアイテム群で軽バンをスタイリッシュに!“Circuit Style”をコンセプトとし、「俺のトランポ」「俺たちのモーターホーム」をキーワードにホンダ N -V...

続きを読む...

第2世代「スカイラインGT-R」のヘッドライトを明るく美しく甦る!! 【R’s Meeting 2018】

窓枠の悩みを解決する救世主も登場!第2世代の泣き所をリフレッシュするGT-Rオンリーの祭典「R’s Meeting 2018」では、ヘッドライトまわりを中心としたスカイラインGT-R用パーツも多く展示されていた。なかでも...

続きを読む...

1 / 48123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  2. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  3. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  4. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  5. 広大な空間だからこそできる「ハイエースの内装活用テクニック」

    「ハイエーススタイルミーティング」で見た ユーザーカーのインテリアメイ...

  6. この1台で遊びが100倍楽しくなる!! アゲ系ハイエース『ニーズボックスWGT』の正体

    10人乗れて荷物も運べる新ジャンル 見た目もオシャレなトランポワゴンが...

  7. MAZDA RX-7 SA22C「ロータリー・エンジンを世に知らしめた初代モデル」

    サバンナの派生モデルを始祖に、 世界に冠たるスポーツカーに昇華したRX...

  8. 名車W124の魅力「コストを徹底的にかけた」と語り継がれるメルセデス・ベンツ

    派生モデルの誕生でラインアップも充実、 「最善か無か」の哲学で生まれた...

  9. FD3S型 RX-7 & RX-8の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    パワーよりもハンドリングにこだわった マツダのピュアスポーツモデルへ ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...