「カーナビ/オーディオ/ドラレコ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

旧車やキャンピングカーの転用も期待! 死角をモニター化する「モービルアイ・シールドプラス」が発売

ドライバーの死角をつねにモニターできる ジャパン・トゥエンティワンがマスターディストリビューターとして販売しているモービルアイ社の「モービルアイ・シールドプラス」を発売。従来の前方衝突事故を回避する警報機能を備えながら…

続きを読む...

無料地図アプリYahoo!カーナビがApple CarPlayに対応!大きな車載モニターで操作できる

対応できるスマホはiPhoneのみ 今や必需品となったスマートフォンやタブレット。クルマに乗る人であれば、これらに何らかのカーナビアプリが入っているだろう。そんなユーザーに対応するためYahoo!(ヤフー)は、Yahoo...

続きを読む...

操作かんたんカーナビに最高画質をプラス!パイオニア新型「楽ナビ」登場

新作ドラレコ7モデルと音質向上パーツも発表 パイオニアが2019年カロッツェリア新製品を一気に発表した。そのなかでも注目なのが誰もが使えるかんたんカーナビの代表「楽ナビ」だ。従来モデルよりモニターの画素数2.4倍に高め、...

続きを読む...

居眠り運転まで監視できるドライブレコーダー !通信とAI技術で安全運転を支援

デジタル地図との連携で高度な支援を実現 AIを活用したアルゴリズムにより、まぶたの開閉時間だけでなく、まばたきの回数や顔の傾きなどを検知し、リアルタイムに眠気を判断して警告する通信型2カメラドライブレコーダー「TMX-D...

続きを読む...

危険運転・あおり運転に対処! 既存のバックカメラが使えるドライブレコーダーが発売

ムダを抑えつつ前後録画が同時にできる「セルスター工業」は、既存のバックカメラを使って前後録画を可能としたドライブレコーダー『CS-31F』を発売する。CS-31Fは、“バックカメラの映像を録画できるタイプも作って欲しい”...

続きを読む...

クルマの修理だけじゃない! ドラレコやメーターの表示情報が広がる「OBD2」とは

役立つ情報を表示するアイテムが増加中 愛車の調子がおかしいとディーラーに持ち込めば、昔はメカニックが経験を元に原因を判断。しかし現在では「OBD2」と呼ばれる自己診断機能を使うのが一般的だ。また、クルマのあらゆる情報を読...

続きを読む...

最高峰のスピーカーシステムを大阪オートメッセで視聴するチャンス

オーディオ好きならソニックデザイン×オンリーメルセデスのコラボブースへ メルセデス・ベンツに乗っていて、オーディオシステムを改善したい、より深く追求したいと望んでいるのなら、大阪オートメッセ会場でまず訪れてほしいブースが…

続きを読む...

ドライブレコーダーも4K時代!超高精細録画でナンバープレートもクッキリ

業界最高レベルの解像度を実現! ドライブレコーダーなど自動車関連電子機器を製造販売をする「データーシステム」が、千葉県幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2019」に出展。最新鋭プロセッサ、CMOSセンサーを搭載...

続きを読む...

1 / 14123...10...»

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...