「ホイール&タイヤ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

ホイールの大径化は見た目だけ? 「インチアップのメリットとデメリット」

プラス面とマイナス面をどう捉えるべきか ドレスアップの第一歩として多くのユーザーが実施するホイールの交換。ここでキーワードとなるのが、インチアップだ。純正で16インチサイズのホイールを履くクルマに、17インチや18インチ...

続きを読む...

タイヤの性能は向上しているのになぜ? パンクが原因のロードサービス要請が急増したワケ

適正な点検をしている人は3~4人に1人 JAFは、2007~2017年度のロードサービスにおける出動件数を公開した。なかでも際立っているのが、「タイヤのトラブル」に関する救援要請で、2017年度は39万1799件と過去最...

続きを読む...

クルマの運動性能にも影響する? アルミホイール「鍛造と鋳造」の違いとは

コスト優先か、性能優先か アルミホイールには「鍛造」と「鋳造」という2つの製法がある。クルマ好きならばご存知かと思うけど、このふたつは具体的に何が違うんだろう。一般的には鍛造のほうが強度に優れるうえに軽量、つまり高性能と…

続きを読む...

ドレスアップ派に嬉しいホイールキャンペーン「万が一、破損しても無償交換します!」

LEONISシリーズならば1本無償で交換してくれる アルミホイールメーカー「ウェッズ」は、軽自動車からミニバン&SUVまでをカバーするオリジナルホイールブランド「LEONIS(レオニス)」の日頃の感謝を込めて『LEONI...

続きを読む...

インターネットで格安タイヤを購入した時のメリット&デメリット

ショップの技術と経験がかなりモノをいう タイヤは高価な消耗品なだけに、できれば少しでも安く買いたいと思う人は多いはずだ。最近は、インターネット通販を検討している方もいることだろう。数年前はタイヤをネット購入する場合、ど…

続きを読む...

「低偏平タイヤ」を採用するクルマはなぜ増えた? その理由と歴史を振り返る

海外からの圧力で解放された偏平タイヤ 昭和のクルマと現代のクルマで大きく異なるのがタイヤだ。なによりタイヤ側面の厚みがまったく違う。現在のような低偏平タイヤが装着できるようになったのは、じつは海外からの圧力によって運輸…

続きを読む...

ハイエース&キャラバンでアウトドアを楽しむ! いま注目の箱車カスタマイズ6選

車高アップで海や山でアクティブに!“遊び”がテーマだった大阪オートメッセ2019のトヨタ・ハイエース&日産・キャラバンゾーン。各メーカーが取り組んできたスタイリングは、アウトドアはもちろん、街中で...

続きを読む...

1 / 58123...102030...»

ウィークリーランキング

  1. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. プロが教える「車中泊が快適に生まれ変わるアイテム10選」

    キャンプや冬場に大活躍なアイテムも必見! 「車中泊が快適になるものだっ...

  4. 南極観測隊も使用した暖房器具「FFヒーター」で冬場の車中泊が快適に

    エンジン停止中でも使用OK!! 換気不要で後付けもできる  キャンピ...

  5. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  6. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 90年代国産車が海外に流出! 高値で取り引きされるスポーツモデル4選

    北米輸出が加速する「25年ルール」  国外からの中古車の輸入が厳しく制...

  9. 「ATFは2万キロ毎の交換、過走行車はトラブルが多い」はホントなのか

    フルードの選び方もポイントとなる、 ATFに関する疑問のアレコレ い...

  10. 1200馬力の魔改造なフェラーリ! 日産GT-Rエンジン搭載で暴れ馬へと変貌

    高級グランツーリスモが右ハン仕様のドリフトマシンへ  大阪オートメッセ...