「ホイール&タイヤ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

パンクは自動的に直る時代へ「未来に向けて開発が進む次世代タイヤ」

ヒトの負担を軽減し、モビリティの足元を支える EV、自動運転、安全運転支援など、次世代のクルマを巡って様々な先進機能の開発が取りざたされているが、「近未来のクルマには近未来のタイヤを」ということで、自動車のタイヤも大きく.…

続きを読む...

「バイアスタイヤ」と「ラジアルタイヤ」の特徴と違い【自動車マメ知識】

現代のクルマや道路事情にマッチできなくなった クルマが履くタイヤの構造には大きくふたつあって、現在主流となっている「ラジアルタイヤ」と、1970年代までは一般的だった「バイアスタイヤ」となる。この30年ほどで乗用車に使わ...

続きを読む...

クルマとの相性で乗り味が激変! 異なる車種で同一銘柄のタイヤをテスト

組み合わせを間違えると乗り心地に影響 人と同じでタイヤとクルマにも相性がある。いくら評判のいいタイヤでも、自分のクルマに装着したら思ったほど良いとは感じなかった、ということも決して少なくない。その理由は、クルマにキャラ…

続きを読む...

ミシュラン 雨天に強いエコタイヤ「エナジー セイバー4」を発表! 快適性とウェット性能を向上

日本のユーザー満足度1位を目指して国内開発 日本ミシュランタイヤは、「エナジーシリーズ」の新製品としてウェットブレーキング性能と快適性を向上させた低燃費タイヤ「ENERGY SAVER4(エナジー セイバー フォー)」を...

続きを読む...

新品タイヤにある赤や黄色のマークやヒゲの意味は?【明日から使えるムダ知識】

ホイールに組む際の目印になっている カー用品店などに並べられている新品タイヤを見ていると、「いったい、これは何だろう?」と気になるものがあるだろう。 例えば、トレッド(路面と接触する部分)やサイドウォール(側面)にある…

続きを読む...

タイヤのローテーション「効果と駆動方式で変わる正しい位置交換とは」

知らぬ間に起きている偏摩耗を予防する 最近のクルマは純正で大径タイヤを履いているものが主流。純正タイヤは決して安価ではないので、交換時期の出費もそれなりに大きいものになる。当然ながらタイヤを長持ちさせたいとの気持ちはあ…

続きを読む...

タイヤ&ホイールをネット購入するとポイント5倍に!【フジ・コーポレーション】

年末までの期間限定キャンペーン タイヤとホイールでおなじみの「フジ・コーポレーション」では、『ポイント5倍キャンペーン」を実施している。 これは、2019年12月31日(〜PM12:00)までの期間中、フジ・コーポレーシ...

続きを読む...

1 / 67123...102030...»