『af imp.』

NEWS - 10ページ目

車内でも大活躍!! アメリカで大ブレイク中の「モバイルアクセサリー」が日本上陸へ

見た目がオシャレなホルダーは、快適便利で車内でもツカえる!年々サイズが大きくなるスマートフォンは、5インチを越えると片手で操作するのも一苦労だ。最近では落下防止対策としてバンカーリングのスマホリングを装着している人も多く…

続きを読む...

ハーマンモータースポーツの世界観で作り上げた、初のジャガーSUV「F-PACE」

ジャガーが誇るオールラウンダーをよりワイドに、より力強く1986年の創設以来、デビューモデルBMW M3を皮切りに数多くのメーカーを手掛けてきた「ハーマンモータースポーツ(以下:ハーマン)」。その世界観が、ついにジャガー...

続きを読む...

10本フィンへ「OZレーシング」スピリッツを込めたハイパフォーマンス鋳造

美麗なルックスなイタリアンメイドはレース直系の技術で高性能も手に入れた「レーシングホイールの技術を投入しつつ、オシャレに装いたい」。そんな目の肥えたオーナーにオススメしたい1本が、ココに登場。理にかなった機能美溢れる「O.…

続きを読む...

古臭さがエエ感じの「オーディオユニット」 はネオクラユーザー待望の技ありデザイン

見た目は当時のレトロな雰囲気しかし最新機能で音楽が再生できるクラシックやネオクラシックブームの昨今。クルマをスタイルアップをする上でネックになるのがオーディオだ。純正が元気ならばいいが、電気製品だから寿命がある。問題は…

続きを読む...

「WORK」が鍛え上げて作り出した、ハイパワーを引き出すホイール2選

クルマとのマッチングで変わるホイール選びいまや国産ホイールを履くことのハードルは霧散し、自分にあったホイール選びこそが大切な時代となった。走りに特化したBMW専門プロショップ『TECH-M』が推すのは、コンセプトの異なる...

続きを読む...

高性能マシンの性能をさらに加速させる、ヨコハマ鍛造「RSの真骨頂」

ディープリム&コンケーブが生むハイインパクト鍛え抜かれたスポークがタフな走りを支えるRSの鍛造モデルである『RS-DF』がさらに磨き込まれて進化した。機能を突き詰めてディテールを研ぎ澄ました最新バージョンは、ストイックに...

続きを読む...

この性能はやめられない!日本のチューナーが調律する禁断の「BMW M POWER」

ビッグタービンで下克上爽やかにM4をカモれ!BMWといえばドライブすることが楽しくなるドライバーズカー。メーカーのキャッチコピーにもあるように”駆けぬける歓び”を堪能できるクルマだ。その中で、特に性能の高さで魅力的なクル...

続きを読む...

10 / 24«...91011...20...»

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  4. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  5. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  6. ホンダのイギリス工場閉鎖で起きる「不吉な予感」と「次期シビックの行方」

    ホンダのヨーロッパ市場戦略が再び問われる今  ホンダが突如イギリスのス...

  7. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  8. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  9. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...

  10. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...