クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

BENTLEY(ベントレー) 記事一覧

ル・マン優勝のベントレー「スピード8」が走った! 100周年記念イベントにはマツダ「787B」の姿も

100周年を迎えたル・マン24時間レースの記念イベントに、2003年の優勝マシン、ベントレー「スピード8」が登場しました。デモランのドライバーは2003年当時にチェッカーフラッグを受けたガイ・スミス氏です。

ベントレー12気筒に乗る最後のチャンス! 「スピードエディション12」は「フラスパ」「ベンテイガ」「コンチGT/GTC」の各120台限定でリリース

2024年4月の生産終了が決定している、ベントレーのアイコンとも言うべきW12エンジン。そのW12を記念した限定モデルが英国で発表されました。12気筒に別れを告げる、特別なモデルを紹介します。

1930年式「ベントレー」と2016年式「トヨタハイブリッド」の共通点とは? 富士スピードウェイホテルのベランダから24時間耐久レースを観戦しよう!

今回も盛況だったAUTOMOBILE COUNCIL 2023では、興味深い出展をしたブースが数多く見受けられました。なかでも“プレミアムライフスタイル”という括りの中で目立っていたのは富士モータースポーツフォレストでした。

「ベントレー東京 芝ショールーム」が堂々オープン! 世界限定18台「マリナー バトゥール」展示で華を添える

コーンズ・モータースは、ベントレーの最新CIを取り入れた「芝ショールーム」を2023年4月22日にオープン。首都高に面した特別展示スペースを設けるなど、ベントレーブランドを体感できる最新のショールームとなっています。オープンを祝うべく、世界限定18台のマリナー バトゥールも展示されました。

810馬力のベントレー「ベンテイガ」。マンハートが過激にチューニングした「BT800」とは

ドイツのチューナー「マンハート」が、ベントレー「ベンテイガ」をベースにしたBT800をリリース。810馬力へとチューンアップされたエンジンを搭載したBT800を解説します。

ベントレーで空の旅を! 世界限定12台の「バカラル」をモチーフとした特別なジェット機とヘリコプターとは

フレックスジェット社とベントレーのコーチビルドやカスタムを手がけるマリナーは、マリナーのパーソナリゼーションを用いた特別な航空機を製作。そのモチーフとなったのはマリナーが手がけた世界限定12台のバカラルです。

激レア9台限定! ザガートが手掛けたベントレーがありました。新車当時1億円オーバーだったカルトカーの落札価格は?

ザガートといえば昨今ではアストンマーティンとのコラボレーションが有名ですが、ベントレーをザガート流に解釈した1台がありました。ベントレーとしては起死回生のヒット作となった初代「コンチネンタルGT」をベースにした、ザガートの限定9台の車両を紹介します。

最高速度333キロ!! ベントレー最後のW12気筒エンジン!? 「フライングスパー スピード」とは

ラグジュアリーな4ドアグランドツアラー「フライングスパー」に、ハイパフォーマンスバージョンの「スピード」が追加されました。珠玉のW12エンジンを搭載した“伝統”のスピード、その最新モデルを紹介します。

 

 

 

 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

ranking

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS