クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

CHIRON(シロン) 記事一覧

ついにブガッティ「シロン」生産終了! 500台目となる最後の生産車「L’Ultime」のボディサイドに描かれた地名は何を意味する?

2016年にジュネーブで世界初公開されて以来8年間、クラフトマンシップとパフォーマンスの頂点に立ち続けてきたブガッティ「シロン」の生産がいよいよ終了を迎えます。有終の美を飾る「L’Ultime(ルルティム/究極)」と名付けられた500台目のシロンは、ビスポーク部門であるシュール・メジュールチームによって製作されました。

世界に1台! ブガッティ「シロン スーパースポーツ」に「55 1of1」をオーダーしたのはアラブのカスタマーでした。超絶技巧のフィニッシュとは

先見性のあるデザイナーでありエンジニアだったジャン・ブガッティによって設計された「タイプ55」をモチーフにした1台だけの「シロン スーパースポーツ」の「55 1of1」が製造されました。エクステリアカラーにはエットーレ・ブガッティが好んだブラックとイエローの組み合わせが採用されています。この特別モデルを見ていきましょう。

約7億7000万円で落札されたブガッティ「シロン スーパースポーツ300+」の決め手は「走行距離408キロ」でした

2024年1月25日、ボナムスがアメリカ・アリゾナで開催したオークションにおいてブガッティ「シロン スーパースポーツ300+」が出品されました。出品車は、9番目に製作されたモデルで、ブガッティのファクトリーで約400kmのテスト走行が行われたのち、アメリカに輸出。現在の走行距離は408kmとローマイレージを維持しています。

4億3000万円でも意外とお買い得!? ブガッティ「シロン」のオプション満載「ラ・メール・アルジェンテ」が継続販売中です

2024年1月31日、RMサザビーズがフランス・パリで開催したオークションにおいてブガッティ「シロン ラ・メール・アルジェンテ」が出品されました。同車について振り返りながらお伝えします。

ブガッティのボディに鉛筆書き!?「シロン スーパースポーツ」をキャンバスにしたワンオフモデルが生まれた理由とは?

ブガッティのパーソナライゼーション部門「シュール・ムジュール」が手がけた最新のワンオフ・モデルが2023年8月のモントレーでお披露目されました。シロン スーパースポーツ“ゴールデン・エラ”と名づけられた特別なモデルの詳細をお伝えします。

約4億円でも落札ならず! ブガッティ「シロン」のワンオーナー物件はカラーリングが上級者向きで優美すぎました

2023年3月4日、RMサザビーズがアメリカで開催したオークションにおいてブガッティシロンが出品されました。同車は2019年に82台が生産されたモデルの1台となります。落札価格はいくらになったのでしょうか。同車について振り返りながらお伝えします。

納車から1年足らずで7億円に! ブガッティ「シロン」の30台限定「シュペールスポール300+」とは

2019年9月にル・マン優勝経験もあるブガッティS.A.S所属のテストドライバー、アンディ・ウォーレスの操縦により、最高速度304.773mph(490.484km/h)を叩き出した特別チューンの「シロン」の市販モデル「シロン・シュペールスポール300+」がオークションに登場しました。驚愕の落札価格をお届けします。

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

 

 

 

 

 

 

人気記事ランキング

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS