クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CAR
  • ついにブガッティ「シロン」生産終了! 500台目となる最後の生産車「L’Ultime」のボディサイドに描かれた地名は何を意味する?
CAR
share:
ついにブガッティ「シロン」生産終了! 500台目となる最後の生産車「L’Ultime」のボディサイドに描かれた地名は何を意味する?

ついにブガッティ「シロン」生産終了! 500台目となる最後の生産車「L’Ultime」のボディサイドに描かれた地名は何を意味する?

投稿日:

TEXT: AMW  PHOTO: Bugatti Automobiles S.A.S.

  • ブガッティ シロン L’Ultime:ブランドと車を生み出したフランスの国旗がミラーウイングに施される
  • ブガッティ シロン L’Ultime:1500psを発揮し、時速約480km/hを超える
  • ボディは2色のフレンチレーシングブルーとアトランティックブルーを採用する
  • ブガッティ シロン L’Ultime:ブガッティのDNAを受け継ぎ、「フォーム・フォローズ・パフォーマンス」のエトス(思想)を具現化した
  • ブガッティ シロン L’Ultime:ボディは2色のフレンチレーシングブルーとアトランティックブルーを採用する
  • ブガッティ シロン L’Ultime:W16パワートレインを搭載する
  • ブガッティ シロン L’Ultime:500の文字が手描きによって施される
  • ブガッティ シロン L’Ultime:前後のボディ色を反映するカラーホイールを装着する。写真はフロント
  • ブガッティ シロン L’Ultime:前後のボディ色を反映するカラーホイールを装着する。写真はリア
  • ブガッティ シロン L’Ultime:ディープブルーレザーとブルーカーボンマットが使用される
  • ブガッティ シロン L’Ultime:エクステリアにマッチしたキャビン
  • ブガッティ シロン L’Ultime:キャビンにも500の文字が手描きによって施される
  • ブガッティ シロン L’Ultime:サイドシルにL’Ultimeの文字を配する
  • ブガッティ シロン L’Ultime:500の文字が手描きによって施される
  • ブガッティ シロン L’Ultime:500台目となる最後のシロンは、シュール・メジュールチームによって手作業で組み立てられた
  • ブガッティ シロン L’Ultime:シロンの伝説を作り上げた場所やイベントの名前が手書きで記されている
  • 2016年にジュネーブモーターショーで初公開されたシロン。「アトランティックブルー」と「フレンチレーシングブルー」の色分けと手磨きのアルミニウム合金で削り出されたCラインに交差するデザインは、自動車業界で前例のないものだった
  • ブガッティ シロン L’Ultime:特別にデザインされた青いマカロンエンブレムもグリルに配する

最後の500台目となるシロンが完成

2016年にジュネーブで世界初公開されて以来8年間、クラフトマンシップとパフォーマンスの頂点に立ち続けてきたブガッティ「シロン」の生産がいよいよ終了を迎えます。有終の美を飾る「L’Ultime(究極)」と名付けられた500台目のシロンは、ビスポーク部門であるシュール・メジュールチームによって製作されました。

ジュネーブで初公開されたモデルを再解釈して製作

2016年以降、ブガッティ「シロン」はハイパースポーツカーのパフォーマンスにおける比類なきアイコンとして君臨してきた。限定500台で生産された500台目となる最後のシロンは、「L’Ultime(ルルティム)」と名付けられた。1500psを発揮し、時速約480km/hを超える初の量産車という偉業を成し遂げた素晴らしいパフォーマンスの時代の終焉を意味し、新たなブガッティの時代の幕開けを告げるものとなる。

この最後のシロンは、2016年にジュネーブで初公開されたモデルを再解釈して製作された。2016年のデビュー時、「アトランティックブルー」と「フレンチレーシングブルー」の色分けと手磨きのアルミニウム合金で削り出されたCラインに交差するデザインは、自動車業界で前例のないものだった。

この特別なシロンは、過去8年間におけるブランドの技術とノウハウの進化を象徴しており、前後のボディ色を反映するカラーホイールで強調された視覚的なインパクトを生み出している。特別にデザインされた青いマカロンエンブレムもグリルに配し、車体にはシロンの伝説を作り上げた場所やイベントの名前が手書きで記される。

さらに、最後に生産されるシロンを祝して手書きの「500」の文字がエクステリア、ホイールキャップ、リアウイング、そしてW16パワートレインを収めるエンジンカバーにも刻まれる。「500」の文字デザインは、エクステリアからインテリアへとシームレスに移行し、エクステリアにマッチしたキャビンが広がる。

キャビンには、ドライバーとパッセンジャーのために贅沢な「ディープブルー」レザーと「ブルーカーボンマット」を採用し、アイコニックな「レンチレーシングブルー」が随所に散りばめられる。

これにより、115年以上を超えるブガッティの歴史と、エットーレ・ブガッティの独自のビジョンに基づく、最後の500台目が誕生したことが示されている。

12


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

人気記事ランキング

AMW SPECIAL CONTENTS