「ビート」の記事一覧

「ビート」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

実質後継のS660があっても人気に陰りなし! ホンダ・ビートが溺愛されるワケ

この記事をまとめると 軽自動車初のミッドシップ2シーターオープンカーのホンダ・ビート F1譲りのテクノロジーを採用したエンジンやシャーシ性能を誇る スペックより記憶に残る走りの楽しさでいまも愛され続けている

続きを読む...

ナンパなビートに硬派なカプチーノ! AZ-1はオタク感! 懐かしの軽スポーツ「ABCトリオ」がカタログも個性派トリオだった

この記事をまとめると ポップでファンキーなノリで売り出されたビート オーセンティックな雰囲気が濃厚だったカプチーノ ボディ骨格もコンセプトも尖りまくっていたAZ-1

続きを読む...

「定価の数倍」で取引される中古部品も! 高騰化する国産名車の純正部品事情の現在地

この記事をまとめると■車検に必要な部品を中心に再生産■ネットオークションでは定価の数倍で取引■車種の現在の価値によって取引価格が変わっている名車と呼ばれる国産スポーツカーを中心に復刻が進む 古いクルマを維持していく上で必...

続きを読む...

「マカロニ刑事のジムニー」に「キティ盛り盛りのガルウイング・ビート」!「クルマ好き女子オフ会」で見つけた注目の6台

GCCとのコラボでフツウのオフ会にはない華やかさが満開! A PIT AUTOBACS東雲(東京)で、毎月行われているモーニングミーティング。毎回決まったお題があり、そのテーマに合ったクルマ好きユーザーが集う好評のイベン...

続きを読む...

「AZ-1」「ビート」「カプチーノ」! 奇跡の軽スポーツ「平成のABCトリオ」はなぜ傑作だったのか

バブル景気が生んだ奇跡のマイクロスポーツたちを再考 バブル経済の好景気という後押しもあり、後世に残る名車や個性的なモデルが多数生まれた1990年代初頭。その恩恵を受けたクルマは枚挙にいとまがないが、軽自動車というカテゴリ...

続きを読む...

いま見ても惚れ惚れ! 宗一郎氏の「見るじゃなく観る」の魂が息づくデザインが秀逸なホンダ車5台

ユニークなデザインをもつホンダ車を紹介! エンジン屋としてホンダは名を馳せるが、デザインもじつは秀逸だったり、ユニークなモデルが多い。そもそも本田宗一郎自体がデザインが大好きで、「見るのではなく、観るのだ」という名言を…

続きを読む...

「NOS搭載」ビートに夫婦の「ペアルック」コペン! 軽自動車イベントの超個性派オープンKカーが必見

「米軍機カラー」や「旧車風」など、個性的なオープンKカーが続々 先日行われた日本最大級の軽自動車オンリーミーティング「KING OF K-CARミーティング」。コロナ禍での開催なので、例年のように大々的に行うというわけに...

続きを読む...

旧車イジメ状態の日本で「ホンダ」は表彰もの! ビートの再販パーツ109点という奇跡が起きたワケ

なぜホンダはビートのような旧車にも力を入れていくのか? 1991年5月に誕生し、1996年12月まで販売されたホンダビート。言わずと知れた、いまのS660につながる軽ミッドシップ2シーターオープンカーだ。生産終了から約2...

続きを読む...

手に冷や汗をかくモデルも存在した! 「ミッドシップ」を採用した国産車5選【後編】

煮詰められたら名車入り間違いなし 重心がクルマの中心に集まっている「ミッドシップ」は、運動性能を考えたら一番有利なレイアウト。しかし、単にミッドシップであれば無条件で走りがいいわけでもなく、これまでの国産ミッドシップは…

続きを読む...

1 / 212