クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

CIVIC-TYPER(シビックタイプR)

OttOの無限シビックタイプR

ホンダ「シビック タイプR」が1/18スケールになった! 「無限」のエアロがカッコイイ「OttO mobile」の新作に注目

京商の取り扱うフランスのモデルカーブランド「OttO mobile」。その最新作として発売されたのが、ホンダ シビック タイプR(FK8型)だ。それもノーマルではなく、無限のエアロパーツなどを身にまとった仕様。迫力あるディテールを、1/18スケールで再現している。

大阪オートメッセの「ホンダ」ブースに「シビック タイプR GTコンセプト」がやってくる! 「ZR-V」のスポーツ仕様も見逃すな!【OAM 2023】

西日本最大級の自動車イベント「大阪オートメッセ」が2023年も2月10日(金)~12日(日)の開催と間近に迫っています。500台を超える多種多様なカスタムカーが展示されるなか、自動車メーカーがお披露目する個性豊かなコンセプトカーも見どころです。

カッコイイがシンプルに伝わったホンダ「シビック タイプR-GTコンセプト」2024年のスーパーGTが楽しみ!

東京オートサロン「東京国際カスタムカーコンテスト2023」において見事にコンセプトカー部門で最優秀賞を受賞したのが、いま話題の本田技研工業が出展した「シビック タイプR-GTコンセプト」です。NSXと同レベル、あるいはそれを超えるポテンシャルを引き出せるとHRC関係者が語るシビックを紹介します。
シビックタイプRイメージ

ホンダ新型「シビック タイプR」の1/64スケールモデルカーが登場! 初回量産限定にはエンジンも付属します

ホビージャパンは、話題のホンダ「シビックタイプR」の1/64スケールモデルカーを2023年4月移行に発売すると発表。チャンピオンシップホワイトをはじめ計5色が用意され、3740円(消費税込)となっています。初回量産限定として、エンジンスケールモデルも付属します。

新型「フェアレディZ/シビックタイプR」に画期的な可変マフラー誕生!「フジツボ」の最新テクノロジーとは

東京オートサロン2023にフジツボ(FUJITSUBO)は日産RZ34「フェアレディZ」、ホンダFL5「シビックタイプR」、トヨタ「GRカローラ」といった3台の最新車両のコンセプトカーを出展。そして画期的なエグゾーストシステム「VVV」をお披露目しました。
APEXのグレード名

「グランツーリスモ」に「ツアラーV」の車名は? 「グレード名」が際立つクルマに共通している法則とは

多くの自動車には、車名のほかにグレード名が与えられています。簡単なものから、こだわりの名称までさまざまです。そのなかには、車名よりも有名になったのでは? と思わせるようなグレード名も多々存在しています。そんな有名グレードをあらためて紹介しましょう。
スイフトスポーツのイメージ

「GT-R」や「ランエボ」より速い!? 下剋上可能な軽&コンパクトスポーツモデルのススメ

軽自動車から高性能スーパースポーツモデルまで、さまざまなスポーツカーが存在します。なかでも格下ながら、格上のクルマよりも速く走ることが可能なモデルも存在します。そこで、オススメの下剋上可能なスポーツモデルを紹介していきましょう。
eKとサクラ

日産「サクラ」&三菱「eKクロスEV」がイヤーカーに決定! 日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023の各賞を発表

1年間に登場したクルマの中で、もっとも優れたクルマに贈られる日本カー・オブ・ザ・イヤー。2022-2023の各賞が決定し、日本カー・オブ・ザ・イヤーには、43年の歴史で初となる軽自動車EVの日産サクラ&三菱eKクロスEVが選出されました。

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS