「旧車・クラシックカー」の記事一覧 - 14ページ目

「旧車・クラシックカー」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

90年代の若者を夢中にさせた「懐かしのライトウェイトスポーツ頂上決戦」

テンロクの舞台はレースからストリートまで 日産スカイラインGT-Rを筆頭とする280psのハイパワー車たちがしのぎを削り、ホンダのシビックやトヨタのレビン&トレノなど、1600ccクラスも熱かった1990年代。群雄割拠と...

続きを読む...

プロ野球優勝パレードで使われたクルマや往年のスポーツ&スーパーカーのミニカーが発売!

どれもコレクションをする楽しみがある 手にとってじっくり眺められるミニカー。ここ数年で各社から発売される車種も豊富になり、充実したラインナップとなっている。そこで今回は3ヶ月以内に3メーカーからリリース発売予定のホビーア.…

続きを読む...

1990年代から続く定番チューニング! 人気のエンジン載せ替えメニュー5選

スワップによる構造変更が必要か否か ノーマルではあり得ない戦闘力と満足感が手に入り、エンジン内部に手を入れるよりマージンも残るチューニングメニューが「エンジン載せ替え」だ。構造変更の必要があるか否かまで含め、1990年代...

続きを読む...

「美しすぎる国産クーペ」 時代を経ても廃れないクルマの美学を振り返る

昭和にあった美麗なるデザイン トヨタ・クラウンの初代モデルが登場したのは1955年のことでしたが、国内でモータリゼーションが大きく発展し始めたのは1960年代。初代クラウンと同い年の少年であった筆者は、友人たちに人気の漫...

続きを読む...

【トヨタ・スズキ編】クルマづくりの原点を探る、自動車メーカーの意外なルーツとは

トヨタとスズキは織機づくりから創業 今年は、マツダとスズキが創業100周年を発表。ただ、クルマやバイクを製造しはじめたのは、マツダが1931年(昭和6年)に3輪トラックを、スズキは1952(昭和27年に)エンジンを自転車...

続きを読む...

これぞ斬新な発想! 時代を先取りした奇想天外な珍車たち【軽自動車編】

小さなボディが放つ遊び心にワクワクした 意欲的というか、奇想天外というか。時代を先取りしたようなクルマもあったわけで、今回はトヨタ編に続いて「軽自動車編」をお届けするが、気軽に作れるからか、やはり珍車が多かった。現在で…

続きを読む...

創業時に製造してた意外なモノ、自動車メーカーのルーツを知る【マツダ・ホンダ編】

マツダはコルク、ホンダはエンジンの製造から 今年1月に、創業100周年を迎えた「マツダ」。そのルーツを辿ると自動車とは縁遠い企業であった。しかし、創業者の機械への強い思いが、やがてロータリーエンジンの量産化を実現させる自...

続きを読む...

不便だった時代も懐かしい「携帯電話の進化で消えたカーグッズたち」

音楽メディアの変換やアプリの登場で変化 誰もが当たり前のように使っているスマートフォンとアプリ。カーライフを含む日常生活の利便性を大いに高め、もはやそれらを抜きにした暮らしなど考えられないほどだ。一方で技術の進化により…

続きを読む...

14 / 76«...1213141516...»