「タグ: ウインドウ」の記事一覧

    ゲリラ豪雨でも安心!ベロフ「撥水ワイパー」が良好な視界を確保する

    『アイ・ビューティー フラットワイパー』はエアロ効果とフレーム構造で高い密着性を実現雨の日のドライブを快適にするフロントガラスの撥水系アイテム。大きく分けてウインドに塗り込むコート剤と、撥水効果を持ったワイパーブレードと…

    続きを読む...

    夏の暑さ対策には「ジリジリ感」の低減する赤外線カットフィルムが効果的

    快適な車内空間を手に入れる赤外線カットフィルム施工のススメ5月ともなれば、日差しや紫外線の強さは夏と変わらないくらい強く、快晴時はエアコンを効かせた車内でも暑いと感じることも。ただ、この暑さを冷静に判断するとエアコンの温…

    続きを読む...

    0円からできる予算別「猛暑対策」6つ

    クルマの猛暑対策の基本は車内温度の上昇を抑制!今年の夏は(も?)天気予報で猛暑となると言っています。駐車中はもちろん、走行中でも真夏の太陽の日差しがガンガン車内に入ってきます。そんな厳しい暑さを少しでも和らげるには、車…

    続きを読む...

    撥水性、耐久性、作業性の3拍子が揃ったウインドウコーティング

    シリコーン系とフッ素系の長所を凝縮したまったく新しいガラス撥水材市販のウインドウ用撥水剤は、大きく2タイプに分類される。作業しやすく撥水性が高いけど、耐久性に劣るシリコーン系。耐久性は高いが、作業が難しく撥水性がやや劣る…

    続きを読む...

    「接着剤」が窓ガラスをボディ補強パーツに進化させる

    ガラス用接着剤「ハイパーシーラント」が参考出品から2年の歳月を経てついに市販化平成27(2015)年の東京オートサロンでさり気なく参考出品されていた「横浜ゴム」の『ハマタイト・ハイパー・シーラント』が、HKSプレミアムデ...

    続きを読む...

    フロントガラスが割れる!寒い日のデフロスター使用は要注意!!

    飛び石による小さなキズ補修歴のあるガラスは危険寒い朝など、出かけようとしたらクルマのフロントウインドウが霜で被われてしまったなんて経験ありますよね?そんなとき、エアコンのデフロスター(フロントウインドウに風を送る)をオ…

    続きを読む...

    マジョーラカラーに輝くウインドウフィルム

    角度によってフィルム面のカラーが変化プライバシーも守れて車内からは視界良好海外のカスタムシーンで大人気になっているアイテムがアメリカのフィルムメーカー「ウルトラヴィジョン」のウインドフィルム。このフィルムの特徴は光の当…

    続きを読む...

    1 / 212

    ウィークリーランキング

    1. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

      所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

    2. 大阪オートメッセ2019「キャンギャル&コンパニオン・その3 画像ギャラリー200枚」

      キュート系からセクシー系まで、彼女たちに大接近!  インテックス大阪で...

    3. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

      メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

    4. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

      注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

    5. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

      交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

    6. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

      クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

    7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

      昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

    8. 「流れるウインカー」が純正バルブと交換するだけで実現可能に

      独自の設計で保安基準にも適合、 トヨタ・アルファードやノアなどに設定 ...

    9. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

      フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

    10. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

      90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...