「タグ: ウインドウ」の記事一覧

    ゲリラ豪雨でも安心!ベロフ「撥水ワイパー」が良好な視界を確保する

    『アイ・ビューティー フラットワイパー』はエアロ効果とフレーム構造で高い密着性を実現雨の日のドライブを快適にするフロントガラスの撥水系アイテム。大きく分けてウインドに塗り込むコート剤と、撥水効果を持ったワイパーブレードと…

    続きを読む...

    夏の暑さ対策には「ジリジリ感」の低減する赤外線カットフィルムが効果的

    快適な車内空間を手に入れる赤外線カットフィルム施工のススメ5月ともなれば、日差しや紫外線の強さは夏と変わらないくらい強く、快晴時はエアコンを効かせた車内でも暑いと感じることも。ただ、この暑さを冷静に判断するとエアコンの温…

    続きを読む...

    0円からできる予算別「猛暑対策」6つ

    クルマの猛暑対策の基本は車内温度の上昇を抑制!今年の夏は(も?)天気予報で猛暑となると言っています。駐車中はもちろん、走行中でも真夏の太陽の日差しがガンガン車内に入ってきます。そんな厳しい暑さを少しでも和らげるには、車…

    続きを読む...

    撥水性、耐久性、作業性の3拍子が揃ったウインドウコーティング

    シリコーン系とフッ素系の長所を凝縮したまったく新しいガラス撥水材市販のウインドウ用撥水剤は、大きく2タイプに分類される。作業しやすく撥水性が高いけど、耐久性に劣るシリコーン系。耐久性は高いが、作業が難しく撥水性がやや劣る…

    続きを読む...

    「接着剤」が窓ガラスをボディ補強パーツに進化させる

    ガラス用接着剤「ハイパーシーラント」が参考出品から2年の歳月を経てついに市販化平成27(2015)年の東京オートサロンでさり気なく参考出品されていた「横浜ゴム」の『ハマタイト・ハイパー・シーラント』が、HKSプレミアムデ...

    続きを読む...

    フロントガラスが割れる!寒い日のデフロスター使用は要注意!!

    飛び石による小さなキズ補修歴のあるガラスは危険寒い朝など、出かけようとしたらクルマのフロントウインドウが霜で被われてしまったなんて経験ありますよね?そんなとき、エアコンのデフロスター(フロントウインドウに風を送る)をオ…

    続きを読む...

    マジョーラカラーに輝くウインドウフィルム

    角度によってフィルム面のカラーが変化プライバシーも守れて車内からは視界良好海外のカスタムシーンで大人気になっているアイテムがアメリカのフィルムメーカー「ウルトラヴィジョン」のウインドフィルム。このフィルムの特徴は光の当…

    続きを読む...

    1 / 212

    ウィークリーランキング

    1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

      貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

    2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

      日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

    3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

      ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

    4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

      長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

    5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

      鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

    6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

      昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

    7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

      90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

    8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

      軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

    9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

      オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

    10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

      駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...