「カローラ」の記事一覧

「カローラ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

    「初代プレーリー」に「ヨタハチ」! 伝説の名エンジニアが手がけた「ちょっと意外なクルマ」6選

    伝説の男達が手がけた「傍流」のクルマを振り返る クルマの開発には総責任者がいて、陣頭指揮を取って作られていく。映画に例えれば監督で、歴史を振り返ってみると、名車を作り上げた伝説的な開発者はいて、現在にも名を残している。…

    続きを読む...

    いま自動車界では「ひとりっ子」政策が推進! 時代の流れで消えた「兄弟車」4選

    ベースは同じでも名前や見た目の異なる「兄弟車」 過去には各メーカーともに複数の販売チャネルをもっていることがほとんどで、量販車種の存在するジャンルでは販売チャネルごとに不利益がでないようにと、ベースは共通ながら名前や内…

    続きを読む...

    自由度が高いぶん複雑! 難解すぎるトヨタのディスプレイオーディオを紐解く

    細分化される画面サイズや標準装備メニュー 「ディスプレイオーディオ“レス”」仕様にも注目 ディスプレイオーディオは機能が多彩なだけでなく、車種によって設定される画面サイズやサービスが異なるため、複雑に感じてしまう。そこで.…

    続きを読む...

    いま思うと当時の方針に後悔! 「バブル崩壊」「リーマンショック」でコストダウンを断行したクルマのその後

    粗利の少ない小型車は目に見えて感じた クルマの開発に大きな影響を与えた景気の悪化として、バブル経済の崩壊とリーマン・ショックがある。バブル経済の崩壊は約30年前の出来事だが、アメリカの投資銀行「リーマン・ブラザーズ」の経.…

    続きを読む...

    「トレノ、カリブ、マリノ」数々の派生車を生んだトヨタ・スプリンターとはどんなクルマ?

    カローラの兄弟車「スプリンター」 2019年のフルモデルチェンジで大きくイメージを変えたカローラ。1967年の登場以来、かつては「レビン」「セレス」「ルミオン」など、いくつか派生モデルが存在したが、いわゆる「兄弟(姉妹)...

    続きを読む...

    MTモード付きATやハイブリッドを追加! 九代目から振り返るトヨタ・カローラ

    ライバルのサニーがいなくても常に平常心 歴代トヨタ・カローラを振りかえる企画もいよいよ終盤を迎えることとなった。時代は2000年代へ移り変わり、多くの人に馴染みのある1台となったモデルもあるだろう。早速、九代目から振り返...

    続きを読む...

    日本の大衆車「トヨタ・カローラ」 前輪駆動で大ヒットした5〜8代目を振り返る

    時代を物語るキャッチコピー 日本でも5本の指に入る長寿車、トヨタ・カローラのセダンとワゴンがフルモデルチェンジされたのはご存じの方も多いだろう。1966年に日本の国民車として登場してから現在に至るまで通算12代の中から、...

    続きを読む...

    トヨタカローラという日本の大衆車 「80点主義+α」思考だった歴代モデルを振り返る

    FRを採用した初代から4代目まで【前編】 トヨタ・カローラは車名別世界生産台数1位をはじめ、日本国内販売台数累計1000万台(2015年)、世界生産台数累計4000万台(2013年)など、言わずと知れた数々のレコードを持...

    続きを読む...

    1 / 3123

    【お詫びと訂正】

    6月11日配信の「どうやってコンビニ入るのよ!」クルマ好き女子でも「ドン引き」するNGカスタマイズ3選の「シャコタン」項目で使用した写真に誤りがありました。使用した写真は公認車検取得済みの車両であり、本文の内容とは全く関係のないものでした。

    写真を使用した車両のオーナーを始め関係者の方に深くお詫び申し上げます。