クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • TAG
  • コンプリートカー

「コンプリートカー」の記事一覧

「TRDスポーツM」を覚えてる? 「パッソ」や「ヴィッツ」をスポーティに仕立てたコンプリートカーのおすすめ中古車3選

2000年代初頭にトヨタの多くの車両に設定されていたコンプリートモデルである「TRDスポーツM」シリーズ。ディーラーで購入できるチューニングモデルでした。いま狙うとすればどのモデルがオススメなのか、独断と偏見でベスト3をピックアップしてみましょう。
モデューロXのエンブレム

ミニバンやSUVがまるでスポーツカーのよう! モデューロXが追求する走りの「こだわり」とは

軽自動車やコンパクトカー、ミニバン、SUVをベースにラインアップされたホンダアクセスのコンプリートカー「モデューロX」。開発には元レーシングドライバーの土屋圭市さんが携わり、速さよりも走りの質感を高めた作り込みが特徴であった。そんなモデューロXの哲学と歴代モデルを振り返る。
コルトラリーアートバージョンRの走り(青)

コスパ重視なら中古一択! 20万円台から選べてガンガン走れるワークス系モデル3選

ワークスコンプリートカーは、メーカーが走りの楽しさを追求し手を加えたモデル。いわばメーカー謹製チューニングカーのような存在だ。新車では手が届かなくても、中古車なら検討できる人も多いのではないだろうか? そこで、今回は中古でコスパのいいワークスコンプリートモデルを紹介する。
ジュークNISMO RSの走り

ニスモがイジるとなんでも激熱に変身! まさかの走りを実現した非スポーツ系コンプリートモデル10台

GT-Rニスモをはじめ、ニスモのコンプリートカーといえばハイパフォーマンスモデルのイメージが強いが、日常生活の足として買い物などのお出かけにも使えるSUVやミニバン、コンパクトカーなどにもラインアップされている。そんなニスモの変わり種コンプリートカーを振り返る。
S207の走り

限定コンプリートカーをイジるなんてもったいない!? 究極のメーカー謹製チューニングカーの論争に決着

自動車メーカーが仕上げた高性能なコンプリートカーの魅力はベストバランスが追求されていることのほか、新車保証が付くなどのメリットは大きい。ただしバランス重視ゆえに尖った部分がなく少し物足りなく感じることもある。そんなときにチューニングするのはアリかナシか問題の結論とは。
tuned by STIのエンブレム

一般ユーザーにまでSTIイズムを浸透させた立役者! レガシィ tuned by STIの偉大は功績

スバルはこれまでに多くのコンプリートカーを世に送りだしてきた。そのなかでも、いまも人気が高い存在となっているのが4代目レガシィをベースに仕立てたtuned by STIだ。エンジンには手を加えず、ボディ補強や足まわり、ブレーキなどで性能を高めている。
XVハイブリッドtSのフロントスタイル

マニア度「最薄」のSTI! 「XVハイブリッドtS」がポップすぎる

STI製のコンプリートカーシリーズのなかで異彩を放つのが、先代XVハイブリッドをベースにしたXVハイブリッドtS。オレンジの差し色を使った内外装に加えて、STIの技術力で調律されたシャーシ性能による走りのパフォーマンスは電動モデルながら秀逸な走りも自慢だった。
R205エンブレムのイメージ

たった1台だけ「R」が与えられた理由とは? STIコンプリートカー「R205」の正体

スバルの人気高性能モデル「WRX STI」をベースに、STIがさらに手を加えて運動性能を高めたコンプリートカーがSシリーズだ。S201から北米専用のS209まで誕生したが、そのなかで唯一Rの名が与えられたのが、GRB型をベースにしたR205だった。
share:

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS