クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • ワークスチーム
  • 「TRDスポーツM」を覚えてる? 「パッソ」や「ヴィッツ」をスポーティに仕立てたコンプリートカーのおすすめ中古車3選
ワークスチーム
share:

「TRDスポーツM」を覚えてる? 「パッソ」や「ヴィッツ」をスポーティに仕立てたコンプリートカーのおすすめ中古車3選

投稿日:

TEXT: 小鮒康一(KOBUNA Koichi)  PHOTO: MODELLISTA/AMW

「GR」以前のトヨタ系ワークスコンプリートモデルでも気合いの入ったシリーズだった

 2000年代初頭にトヨタの多くの車両に設定されていたコンプリートモデルである「TRDスポーツM」シリーズ。これは名前からも分かるように、トヨタワークスである「TRD」が厳選したチューニングを「モデリスタ」の手によって架装されたもので(名称はともに当時のもの)、ディーラーで購入できるチューニングモデルとなっていた。

 このTRDスポーツMは、当時「セリカ」、「パッソ」、「カローラランクス」、「カローラフィールダー」、「ヴィッツ」、「bB」、「ist」に設定されていたのだが、いま狙うとすればどのモデルがオススメなのか、独断と偏見でベスト3をピックアップしてみたい。

第3位:カローラフィールダーTRDスポーツM

 個人的第3位は、ステーションワゴンボディを持つ「カローラフィールダー」をベースとしたモデルだ。現在ではステーションワゴン自体がどちらかと言うと不人気ジャンルとなっており、新車で購入できるものもごくわずかとなってしまっている。

 しかし、運動性能を犠牲としない低い全高かつ広いラゲッジスペースを考えるとステーションワゴン一択となるため、スポーティな走りと積載性を両立したい人には間違いなくオススメと言えるのだ。

 このカローラフィールダーTRDスポーツMでは、専用の吸排気系とシリンダーヘッドによって205psを発生する「2ZZ-GE」型エンジンと専用サスペンション、ボディ補強パーツとグリルに専用エンブレムが備わるだけで、あとはベース車と全く変わらないという、「羊の皮を被った狼」的なルックスもまた魅力的。

 とはいえ、多くの車両はオプション設定されていたエアロパーツやアルミホイールなどを装着しているケースが多いが、フルノーマルに近い物件が出てくれば迷わず買いと思ってしまう。

12


 

 

 

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS