一般ユーザーにまでSTIイズムを浸透させた立役者! レガシィ tuned by STIの偉大は功績 (1/2ページ)

noteで書く
一般ユーザーにまでSTIイズムを浸透させた立役者! レガシィ tuned by STIの偉大は功績

この記事をまとめると

  • レガシィをベースに運動性能を高めた限定車
  • 頂点のSシリーズとは異なりエンジンはノーマル
  • 2005年から2007年まで毎年限定で発売された

Sシリーズよりもライトながら実力の高さが今も人気

 4代目レガシィに設定されていた人気モデル「tuned by STI」。2005年モデルのアプライドC型から設定され、2006年、2007年とベースモデルが改良を重ねるごとに、tuned by STIも進化してきた。tuned by STIはそれまでのSTIコンプリートカーの代表ともいえる「S」シリーズと比べ、基本的にはエンジンまわりはベースモデルのまま、シャシーや足まわりを中心としたライトなチューニングモデルとなっているのが特徴だ。

【関連記事】限定コンプリートカーをイジるなんてもったいない!? 究極のメーカー謹製チューニングカーの論争に決着

2005年モデルのtuned by STI画像はこちら

 2009年にはエクシーガにも設定されたSTIの人気コンプリートカーだが、2010年に同様のコンセプトのまま、tSシリーズへとネーミングを変更した。

ブレンボ製ブレーキキャリパーなど本格派パーツが奢られた

 レガシィのtuned by STIは「フィーリングを調律(チューニング)する」というコンセプトで開発。2005年、2006年、2007年の3年に渡り設定され、いずれもツーリングワゴンとセダンB4にATとMTを用意。ベースとなるのは標準モデルのなかでもっともスポーティな仕様となる2.0GT spec.Bだ。

 レガシィシリーズでは3代目に設定されていたS401以来となるブレンボ製17インチブレーキキャリパーをはじめ、STI製ステンレスメッシュブレーキホース、STI製18インチアルミホイール、STI製強化ローダウンスプリング、STI製ピロボールブッシュリヤサスリンクなどを装備する。

【関連記事】限定コンプリートカーをイジるなんてもったいない!? 究極のメーカー謹製チューニングカーの論争に決着

2005年モデルのtuned by STIのホイールとブレーキ画像はこちら

 エクステリアではフロントアンダースポイラーと、セダンモデルのB4にSTI製トランクスポイラーが装備されるのみという控えめなルックスであったが、逆にその主張しすぎないコンプリートカーらしい佇まいが人気となった。

2005年モデルのtuned by STIのリヤビュー画像はこちら

AT仕様もあったことで多くのファンに支持された

 レガシィのSシリーズは前述の3代目のほか、tuned by STIと同じ4代目にもS402として設定があった。こちらは専用の2.5Lエンジンや6速MTの設定のほか、エクステリアも専用の拡幅フェンダーを装備。さらなるチューニングが施されたプレミアムコンプリートカーとして、4代目レガシィシリーズの象徴的存在となっていた。

 一方tuned by STIはMTのほかAT仕様も選択できるなど、多くのユーザーがコンプリートカーの醍醐味を味わえるラインアップとなっている点も特徴のひとつだ。2006モデルではベース車も大幅改良が施されたD型となり、内外装はもちろん、MT車は6速化された。

2006年モデルのtuned by STIの走り画像はこちら

 さらに2007モデルは、STIのトップガン辰己英治さんが手掛けたモデルとして、エクステリアこそ2006モデルとホイールの違い程度だが、補剛パーツに「フレキシブルシリーズ」が装備され、格段に乗り味やステアリングフィールが上質になっている。

辰己さん画像はこちら

 さらに4代目後期型で特徴的な装備となる3つのエンジン特性をセレクトできるSI-DRIVEにもSTIチューニングが施され、AT車にはECUに加え、TCUにも専用チューニングをほどこしている。

2007年モデルのtuned by STI画像はこちら

noteで書く

画像ギャラリー