「マフラー」の記事一覧

「マフラー」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

「ハス切り」「大径」「横出し」! 見れば時代がわかる「マフラーカスタム」の歴史

「性能重視」や「見た目重視」など時代と共に移りゆくマフラーのトレンド 自動車のカスタムメニューとして、マフラー交換は第一歩といえるもの。特にチューニングパーツとしてはマストアイテムだけに、速さを競うレースシーンから大き…

続きを読む...

    これが日本最高のアフターメーカー「HKS」の本気! 86&BRZを極限まで走らせるパーツの世界

    タービンからマフラーまで完全網羅 日本を代表する総合チューニングメーカーとして知られるHKS。その歴史は古く、1973年にレース用エンジン&パーツの開発を行うために立ち上げられ、その翌年には業界初となるケンメリ・スカイラ...

    続きを読む...

    「車検」の心配もなく「近所迷惑」にもならない! 意外にディープな「マフラーカッター」の世界

    オリジナリティを追求できる技アリなカスタマイズ カスタマイズの大本命として、マフラー交換は昔から定番のメニューだ。チューニングパーツとしてエンジン性能がアップするのはもちろん、心地いいサウンドやスタイリッシュなルックス…

    続きを読む...

    「太さ」と「長さ」の複雑な関係! クルマのマフラーチューニングの「ディープすぎる」世界

    排気慣性を利用するには長いほうが有利 エンジン性能を引き出すためのチューニングのファーストステップとして選ばれることが多いアイテムといえば、スポーツマフラーと答える人は多いだろう。性能アップはもちろん、サウンド面での変…

    続きを読む...

    車検対応品なのになぜ? 「認証プレート付き」でも通らないことがある社外マフラーの落とし穴

    2010年4月以降は「性能等確認済表示」マフラーがマスト 2010年(平成22年)4月1日以降に生産されたクルマは、加速走行騒音を防止する規制が適用されている。細かい事情はざっくり端折るが、その関係で社外マフラーに交換す...

    続きを読む...

    「爆音」より「快音」! 車検対応で迷惑をかけないのがイケてるイマドキのマフラー交換事情

    マフラーの保安基準はどんどん厳しくなっている クルマの保安基準は時代とともに変わり続けている。中には「10ミリ未満のタイヤのはみ出しがセーフになる」といった緩和的な内容もあるが、おもには厳しくなる方向。特に排ガスや騒音な.…

    続きを読む...

    アメリカ発! 本格派スポーツマフラーの新進気鋭ブランド、日本上陸へ

    コストパフォーマンスの高さにも注目 大阪府に拠点を構える「トップスピード プロワンパフォーマンス ジャパン」は、スポーツマフラーブランド「Top Speed PRO1 Performance」の正規輸入を開始。2020年...

    続きを読む...

      新型ダイハツ・タント、パワフルかつスポーティにするポン付けアイテム3つ

      タントの実力を引き上げるBLITZの新製品 チューニングパーツメーカー「BLITZ(ブリッツ)」は、ダイハツ新型タントの2WD(前輪駆動)と4WDをテスト車両として同時に導入し、積極的に車種専用パーツの開発に取り組んでい...

      続きを読む...

      1 / 812345...»