「タグ: マフラー」の記事一覧

トヨタ 新型スープラの伸びしろは? 3大チューニングメーカーに聞いてみた

車高調とエンジンチューンは鉄板メニュー 2019年1月14日にアメリカ・デトロイトショーで世界初公開されたトヨタ新型スープラ。そして2月にインテックス大阪で開催された大阪オートメッセ2019では、右ハンドルの国内仕様が初...

続きを読む...

早朝深夜も安心!排気音量をコントロールできるスポーツマフラー登場

スマホアプリで排気音量を変えられる クルマ好きにとって、排気音、エンジンの脈動を感じ取れるサウンドは、何にも代えがたいものだろう。ところが昨今はクルマの音量規制が厳しくなり、サウンドを楽しむことが難しくなっている。 マ…

続きを読む...

【動画】新型ジムニーはマフラー交換でサウンドはどう変わる?

厳しい新規制で音の醍醐味は味わえる?カキモトレーシングの3モデルでチェック売れに売れまくっているスズキ新型ジムニー(JB64W)。アフターパーツ市場も活況であり、その開発を進めるメーカーが数多いなか、ジムニーで欠かせない...

続きを読む...

【動画】排気バルブで音量をコントロール 「レクサスLC500用フルエキゾーストシステム」

まるで芸術品のような美しい仕上がりに官能的なV8サウンドを盛り立てる逸品GT系ハイパフォーマンスモデルはもちろんのこと、旬のSUVからミニバンまで車種を問うことなく高性能かつファッショナブルなスポーツマフラーをリリースす...

続きを読む...

オートエクゼがマツダ絶版スポーツカー向けアップデートプログラムを発表

量産以上、チューニング未満をテーマに、ロードスター用スポーツマフラーから販売開始クルマを操る楽しみを追求したマツダのスポーツカー、RX-7(FD)とロードスター(NA)。今回、マツダ車のチューニングパーツメーカー「オート...

続きを読む...

第2世代GT-R用「フルチタンマフラー」に車検対応モデル登場!究極の排気効率と軽量化を両立

競技専用モデルの開発実績と性能を車検対応のJASMA認定で体感できる速く走るためだけに…と、性能を徹底的に追求した「東名パワード」のチタン製エキゾーストシステムといえば『EXPREME Tiマフラー』だ。しかし、多くのユ...

続きを読む...

【工場見学】創業1931年「FUJITSUBO」の安全&安心を込めたモノ作り・スポーツマフラー編

業界の健全化にも尽力し続ける、創業87年の歴史とこだわりの工程を追うメイド・イン・ニッポンのモノ作りに迫る好評企画第9弾は、マフラー文化の発展に多大な貢献を続ける「FUJITSUBO(フジツボ)」。いまさら聞けない過去、...

続きを読む...

1 / 7123...»

ウィークリーランキング

  1. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. プロが教える「車中泊が快適に生まれ変わるアイテム10選」

    キャンプや冬場に大活躍なアイテムも必見! 「車中泊が快適になるものだっ...

  4. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  5. 南極観測隊も使用した暖房器具「FFヒーター」で冬場の車中泊が快適に

    エンジン停止中でも使用OK!! 換気不要で後付けもできる  キャンピ...

  6. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 「ATFは2万キロ毎の交換、過走行車はトラブルが多い」はホントなのか

    フルードの選び方もポイントとなる、 ATFに関する疑問のアレコレ い...

  9. 1200馬力の魔改造なフェラーリ! 日産GT-Rエンジン搭載で暴れ馬へと変貌

    高級グランツーリスモが右ハン仕様のドリフトマシンへ  大阪オートメッセ...

  10. 後輪駆動に負けない実力! 走りが楽しいじゃじゃ馬スポーツFF車5選

    中古も視野に入る車種も存在する  スポーツドライビングといえばリア駆動...