「タグ: 大阪オートメッセ」の記事一覧

独創性に富んだアルミホイール、似て非なるスポークとディッシュの新作2モデル

意外な関係性を持つグノーシスの新作2モデル!日本のホイールメーカー、WORKの「GNOSIS(グノーシス)」ブランドから、『CVX』と『CVD』という注目すべき2本のホイールが登場した。大まかに言うと、基本デザインは同一...

続きを読む...

オヤジ感涙の往年モデル復活?ダイハツが「赤・黒・金」配色にこだわる理由

イベント限定で3年前から始めたカラーリング 2月9日から11日に大阪市インテックス大阪で開催されている大阪オートメッセ2019のダイハツ工業ブースでは、3台のミラトコットをベースにしたカスタマイズ仕様車を展示。そのうちの...

続きを読む...

あえてアンティークさをアピール!レザー生地を使った最新シートカバー登場

シート列単位でオーダーできるのでオトク シートカバーを自分仕様にカスタムオーダーできるブランド「グレイス」は、大阪オートメッセ2019の会場で2019年イチ押しモデル、アンティーク生地を採用した「アンティーク・デザインS...

続きを読む...

ダイハツが提案する行動的な女性と大人の女性を最新イメージ像とは

シンプルだからカスタムの素材になる 2月9日〜11日、大阪市・インテックス大阪で開催されている大阪オートメッセ2019には、大阪に本社を置く自動車メーカー「ダイハツ工業」がブースを出展。話題のコペンクーペやGRコペンも展...

続きを読む...

最高峰のスピーカーシステムを大阪オートメッセで視聴するチャンス

オーディオ好きならソニックデザイン×オンリーメルセデスのコラボブースへ メルセデス・ベンツに乗っていて、オーディオシステムを改善したい、より深く追求したいと望んでいるのなら、大阪オートメッセ会場でまず訪れてほしいブースが…

続きを読む...

驚愕!5500万円のロールスロイスなど超高級セダンをカスタマイズ

人気のSUVやミニバンもドレスアップ ロールスロイスといえば世界を代表する超高級車。なかでもファントム・シリーズは5000万円以上のプライスタグが付いたハイエンドモデルだ。そんなロールスロイスを個性的にカスタマイズしたの...

続きを読む...

280万円の「ソニックデザイン」スピーカーが奏でる至高のサウンドを聴ける【大阪オートメッセ2019】

オンリーメルセデスとのコラボブース出展 カーオーディオメーカーの「ソニックデザイン」は、2019年2月9日〜11日に大阪市・インテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ2019」に、メルセデス・ベンツ専門誌「オンリーメ...

続きを読む...

1 / 13123...10...»

ウィークリーランキング

  1. 40万円で愛車がキャンピングカーに早変わり!! 車中泊も可能とする「ルーフテント」とは

    カンタン設置で極上の"車上泊"を楽しめる  ルーフテントは、愛車の屋根...

  2. 車中泊はどこでもOK!? 意外な宿泊したらダメな場所とは

    SA・PAでは10時間以上駐車することは禁止 キャンピングカーや車中泊...

  3. プロが教える「車中泊が快適に生まれ変わるアイテム10選」

    キャンプや冬場に大活躍なアイテムも必見! 「車中泊が快適になるものだっ...

  4. 南極観測隊も使用した暖房器具「FFヒーター」で冬場の車中泊が快適に

    エンジン停止中でも使用OK!! 換気不要で後付けもできる  キャンピ...

  5. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  6. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  7. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  8. 90年代国産車が海外に流出! 高値で取り引きされるスポーツモデル4選

    北米輸出が加速する「25年ルール」  国外からの中古車の輸入が厳しく制...

  9. 「ATFは2万キロ毎の交換、過走行車はトラブルが多い」はホントなのか

    フルードの選び方もポイントとなる、 ATFに関する疑問のアレコレ い...

  10. 1200馬力の魔改造なフェラーリ! 日産GT-Rエンジン搭載で暴れ馬へと変貌

    高級グランツーリスモが右ハン仕様のドリフトマシンへ  大阪オートメッセ...