「タグ: 懐かし」の記事一覧

嗚呼、悲しくも消えてしまった懐かしのクルマのカスタム文化「総集編・後編」

かつては大ブレイク、いまや絶滅危惧へそんなアフターのシーンを振り返りクルマのアフターパーツや飾り方は、この20年ほどで大きく様変わりしました。例えば、エアロパーツ。かつてのミニバンやセダンのカスタムでは大きく張り出した形.…

続きを読む...

嗚呼、悲しくも消えてしまった懐かしの装備&カスタム文化「総集編・前編」

かつて一世風靡、いまや絶滅危惧種。どこか懐かしいアフターのシーンを振り返るファッションといえば、トレンドが目まぐるしく変化していく。クルマも同じであり、RVブームやミニバン全盛期など、その時代ごとにウケるジャンルがありま.…

続きを読む...

VIPの象徴「ムートンカバー」は何処へ…【第14回 カスタム回顧録】

シートやダッシュボードでモコモコ!!90年代の内装マストアイテムだったセダンや4ドアハードトップが流行した1980〜’90年代初頭。当時のセドリック、クラウン、マークIIといった「ハイソカー」のシートといえば...

続きを読む...

車内から響く重低音「サブウーファー」はどこへ!?【第13回カスタム回顧録】

デカいほど凄かった90年代からコンパクト設計がウケる現代へ「ズゥ〜ンドゥドゥ〜ンドゥ〜ン…」と、車外へ漏れる重低音。迫力の低音域を放つ発信源なのが『(サブ)ウーファー』なのだが、最近では威勢のいい”音の響き&...

続きを読む...

『アースイング』はどこへ行ってしまったのか【第11回 カスタム回顧録】

エンジンルーム内で目を惹く色とりどりなラインケーブルエンジンルームを開けると目に入る、バッテリー端子からの色鮮やかなワイヤー線。クルマにはヘッドライトやオーディオ、点火装置など、さまざまな電装品が装備される。これらは、…

続きを読む...

1 / 212

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  9. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  10. SCOOP!ホンダ「次期N-WGN」公道テストをキャッチ!偽装で隠されたデザインを徹底検証

    次期モデルも標準仕様とカスタムの2タイプ  自動車メーカーは、新しいク...