「CASE」の記事一覧

「CASE」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

ドイツ人の「長寿の秘訣」は日光浴? メルセデス・ベンツが「カブリオレ」にこだわる理由とは

この記事をまとめると■冬は日照時間が短いため長く日に当たっていたい■専用装備を満載するなどカブリオレは特別な1台■高級車など特別なクルマへのこだわりは1930年代から続く現在もCからAMG GTまでオープンモデルが存在 ...

続きを読む...

再評価された時は既に「絶版」! 新車で「買っておけばよかった」と後悔しきりの「超個性派」国産旧車5台

今だからこそこんなクルマが欲しい 発売当時に爆発的な人気を得たわけでもなく静かに生産終了となっていったクルマも、今にして思えば「早すぎたんだ」と思うモデルは少なくない。現在の社会情勢や交通インフラ、ライフスタイルなどを…

続きを読む...

「誰でも自由に移動できる」がメルセデス流! 福祉車両まで先進性のカタマリだった

福祉車両事情 ヨーロッパと日本の相違 福祉車両には車椅子のままで乗り降りできる高齢者や身体の不自由な人に求められる「介護式福祉車両」と手足に障害のある人が運転できるように補助装置を付けた「自操式福祉車両」がある。 日本の…

続きを読む...

いま急速に進む「自動運転化」は福祉車両にも大革命! 利用者が得られる圧倒的なメリットとは

福祉車両の種類は大きく分ければふたつある 福祉車両と一言で括られているが、いくつかの車種がある。理由は、体に障害を持つ人は一人ひとり症状が異なるからだ。それでも大別すると、介護をする人に運転してもらって移動するか、自ら…

続きを読む...

メルセデス・ベンツの考える、環境問題に対する未来への道筋とは

変化するクルマの価値観と安全第一の両立 環境問題に対するメルセデス・ベンツのゴールは、排出ガスのないモビリティへの道筋であり、弛まぬ研究による環境革新技術によってすでに明白である。 つまり、2007年からは低燃費・低公害...

続きを読む...

日本自動車輸入組合(JAIA)理事長が会見 電動化推進と自動運転の法令化について語る

CASEの潮流が加速し日本の法整備は急務だ 日本自動車輸入組合(JAIA)は1月27日、上野金太郎理事長の定例記者会見を開催。同組合の近況と今後の活動方針を示した。 会見の冒頭に上野理事長は「今年は2020年代の幕開けと...

続きを読む...

トヨタが手がける実証都市「Woven City」 静岡県裾野市で2021年着工スタート

世界最大のIT家電ショーで未来都市構想を発表 米国・ラスベガスで1月初めに開催された世界最大のIT家電ショー「CES2020」で、世界中をアッと言わせたのがトヨタ自動車の「コネクティッド・シティ」のプロジェクトだ。CAS...

続きを読む...

5G化に潜む危険性!通信で行うクルマのアップデートがサイバーテロの標的に

クルマのシステムアップを容易にするOTA 日産が2019年7月にマイナーチェンジしたスカイラインより対応を開始している、新たなコネクテッドカーサービス「NissanConnect」。これに、ナビの地図更新を無線で自動的に...

続きを読む...

1 / 212