トヨタが手がける実証都市「Woven City」 静岡県裾野市で2021年着工スタート

トヨタが手がける実証都市「Woven City」 静岡県裾野市で2021年着工スタート

世界最大のIT家電ショーで未来都市構想を発表

 米国・ラスベガスで1月初めに開催された世界最大のIT家電ショー「CES2020」で、世界中をアッと言わせたのがトヨタ自動車の「コネクティッド・シティ」のプロジェクトだ。CASE、AI、パーソナルモビリティ、ロボットなどの実証を実施する街として建設。「Woven City(ウーブン・シティ)」と名付けられた。  

【関連記事】「45」と「35」は似てるけど全然別モノ! メルセデスAMGのドル箱SUV「GLA」乗り比べ

トヨタが手がける実証都市「Woven City」はCASE、AI、パーソナルモビリティ、ロボット等の実証を実施する街で静岡県裾野市での着工が2021年スタート!画像はこちら

トヨタ技術が実証される未来都市

 世界中が驚いたのは、クラウドAIによって管理される街作りをトヨタ自身が始める点。このような構想は、これまで政府や自治体が進めることがあっても、一企業がここまで具体的な構想を提示することはなかったからだ。

トヨタが手がける実証都市「Woven City」はCASE、AI、パーソナルモビリティ、ロボット等の実証を実施する街で静岡県裾野市での着工が2021年スタート!画像はこちら

 プロジェクトでは、人々が生活を送るリアルな環境のもとで、自動運転をはじめ、モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)、パーソナルモビリティ、ロボット、スマートホーム技術、人工知能(AI)技術などの導入や検証が行なえる実証都市のスタイルが提示されている。

トヨタが手がける実証都市「Woven City」はCASE、AI、パーソナルモビリティ、ロボット等の実証を実施する街で静岡県裾野市での着工が2021年スタート!画像はこちら

 しかも、その構想は極めて具体的だ。実際にウーブン・シティの建設地は、2020年末に閉鎖予定であるトヨタ自動車東日本・東富士工場(静岡県裾野市)の跡地を利用すると決定済みで、着工は2021年からスタート。街の設計はデンマークの著名な建築家ビャルケ・インゲルス氏が担当する。

トヨタが手がける実証都市「Woven City」はCASE、AI、パーソナルモビリティ、ロボット等の実証を実施する街で静岡県裾野市での着工が2021年スタート!画像はこちら

 初期はトヨタの従業員やプロジェクトの関係者をはじめ、2000名程度の住民が暮らすことを想定。将来的には175エーカー(約70万8000平方メートル)の規模で街づくりを進めるという。折しも2020年は5Gの本格商用化がスタートする。コネクテッドで実現する未来の街が、トヨタの手によって具体化するのだ。

トヨタが手がける実証都市「Woven City」はCASE、AI、パーソナルモビリティ、ロボット等の実証を実施する街で静岡県裾野市での着工が2021年スタート!画像はこちら

 詳しくみると、街を走る”道路”の構想も練られており、カテゴリー別に大きく下記の3タイプに分けられるという。

1)スピードが速い車両専用の道として、「e-Palette」など完全自動運転かつゼロエミッションのモビリティのみが走行する道
2)歩行者とスピードが遅いパーソナルモビリティが共存するプロムナードのような道
3)歩行者専用の公園内歩道のような道

 それらの道が網の目のように織り込まれることで、使い勝手が考慮された街作りとなっている。

トヨタが手がける実証都市「Woven City」はCASE、AI、パーソナルモビリティ、ロボット等の実証を実施する街で静岡県裾野市での着工が2021年スタート!画像はこちら

 また、e-Paletteは人の輸送やモノの配達に加えて、移動用店舗としても活用。街の中心部や各ブロックごとには、人々の集いの場として様々な公園・広場が作られ、住民同士もつながり合うコミュニティが形成される。さらに街の建物は主にカーボンニュートラルな木材が使われ、インフラ設備は暮らしを支える燃料電池発電も含めてすべて地下に設置。屋根には太陽光発電パネルを設置するなどして、街作りを環境との調和やサステイナビリティを前提として進めていくという。トヨタが手がける実証都市「Woven City」はCASE、AI、パーソナルモビリティ、ロボット等の実証を実施する街で静岡県裾野市での着工が2021年スタート!画像はこちら

 今回の発表にはトヨタの豊田章男社長が登壇。「ゼロから街を作り上げることは、街のインフラの根幹となるデジタルオペレーティングシステムも含めた将来技術の開発に向け、非常にユニークな機会となる。当プロジェクトでは、もっといい暮らしとMobility for Allを私たちと一緒に追求していきたい方すべての参画を歓迎する」と述べた。

 

 未来の都市をいち早く体験したいと思っている人にとっては打ってつけのエリアとなることだろう。

画像ギャラリー