ドイツ人の「長寿の秘訣」は日光浴? メルセデス・ベンツが「カブリオレ」にこだわる理由とは (1/2ページ)

ドイツ人の「長寿の秘訣」は日光浴? メルセデス・ベンツが「カブリオレ」にこだわる理由とは

この記事をまとめると

■冬は日照時間が短いため長く日に当たっていたい
■専用装備を満載するなどカブリオレは特別な1台
■高級車など特別なクルマへのこだわりは1930年代から続く

現在もCからAMG GTまでオープンモデルが存在

 メルセデス・ベンツはセダン、ステーションワゴン、クーペ、そして最後にカブリオレでうまくモデルラインアップをまとめている。これは今日に限ったことではない。

 今回はメルセデス・ベンツが何故、カブリオレ造りにもこだわるのかにスポットを当て紹介しよう。

ドイツの気候が大きく関係していた

 メルセデス・ベンツは何故、「カブリオレ造り」にこだわり続けるのであろうか?

 答えは「日光浴」。メルセデス・ベンツはドイツのシュツットガルト生まれで、日本の北海道よりも北に位置している。冬は日の当たる時間がとても短く、雪も多く降る。そこで、ドイツで長生きする秘訣は「日光浴」と言われている。太陽が出れば待っておりましたとばかり、冬の公園でも日光浴をしている太陽族をよく見受けられる。なるほど、ドイツでセダンのスライディングルーフ付きが多いのも当然と言える事実。しかも日本と違い、暑い夏でもフレシュエアーを楽しめる気候だ。

【関連記事】1000万円オーバーは当たり前! 日産「R34GT-R」の高騰が止まらない理由とは? 「25年ルール」が関係してる?

各モデルのサンルーフ付き画像はこちら 強いて、オールシーズンをオープンで楽しめるクルマを造るのがドイツ自動車メーカーの長年の課題だった。つまり、カブリオレこそがドイツ人生活に密着した「究極のクルマ造り」。結果、メルセデス・ベンツは昔からカブリオレが特命の「秘蔵っ子モデル」であり、専用カタログを必ず製作していた。

170Sのカタログ画像はこちら 手元に、1950年代の170Sや220S/SEのカブリオレ(2トーンボディが特徴)のカタログがある。専属の有名な画家の特徴あるタッチでそのボディラインを鮮やかに、しかもカブリオレ専用のお洒落アイテムも描かれている。特筆は、セダンと違って、ドアを開けるとさまざまな隠しアイテムが満載されていること。

220Sのカタログ画像はこちら 例えば、伸縮自在のシャフト付「ルームミラー」。オープン時には、分厚い裏地付幌がリヤに高く収納されるため、シャフトを伸ばして逆に立ち上げないとリヤが見えないからだ。加えて、クロームの枠で丁寧に囲い込んだ「サンバイザー」や「サイドウインドウ」、幌を開閉する粋な「ハンドレバー」、クロームのドアハンドル類とドアポケットのノブ、特徴あるクローム枠の3角窓(220S)など。この様に目に見えない部分のパーツに至るまで職人の匠で造られ、当時のオーナーは大満足。またその操作するスタイルが何ともお洒落で粋だ。従って、セダンとの差別化を果たす結果となった。

ルームミラーなど画像はこちら 現在のメルセデス・ベンツカブリオレは、昔だったらオープンカーなら当たり前と我慢させられていた風の巻き込みを防ぐシステムにより「帽子が飛ばない」、「髪が乱れない」、「冬でも寒さ知らず」を実現している。

Sクラスカブリオレの走り画像はこちら つまり、風の巻き込みを抑えるエアキャップを採用しウインドウ上部のディフレクターが空気の流れを上方に高く跳ね上げ、同時に後席後方のドラフトストップが後方からキャビンへの風の巻き込みを低減。ヘッドレスト下部から温風が吹き出し、寒い日のオープン走行も快適だ。

エアキャップ画像はこちら 加えて、新素材や3層構造システムのアコースティックソフトトップが遮音性や耐候性性を向上させ、クローズ時の高速走行でもクーペ同等の静粛性を誇っている。

アコースティックソフトトップ画像はこちら 結果、メルセデス・ベンツのカブリオレは待望のオールシーズン・オープン走行仕様であることを鮮やかに演出し完成させているのだ。