「FCV」の記事一覧

「FCV」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

働くクルマにエコ技術は不要? 「ハイエース&キャラバン」にハイブリッド車を設定しないワケ

走行距離の多いクルマなのになぜ? 地球温暖化に端を発するCO2排出量規制強化の動きから、乗用車はもちろん商用車にまで電動化のトレンドが波及しているにも関わらず、電動車の設定が皆無に等しいカテゴリーが存在する。 その一つが...

続きを読む...

セルフ水素ステーションがより身近になる? 海外の安全認証を取得した新型充填ノズルとは

セルフ式ノズルの大手が水素業界に参入 業界最大級となる「スマートエネルギーWeek 2020」が東京ビッグサイト西・南展示棟および青海会場で開催。今回、展示会のひとつ「第16回[国際]水素・燃料電池展 ~FC EXPO ...

続きを読む...

燃料電池車の低価格化に期待! 八千代工業が大量生産を可能とする水素タンクを参考出品

カーボン製造技術を水素タンクへと展開 埼玉県狭山市に本拠を持ち、燃料タンク、サンルーフといった自動車部品の開発・製造から、カーボンフレームの陸上競技用車いすの製造も行っている八千代工業(ヤチヨ)が、2020年2月26日(...

続きを読む...

韓国の自動車メーカー「ヒュンダイ」 10年振りに燃料電池車(FCV)を日本市場に投入して復活を遂げるか

日本のナンバーを取得したFCVを展示 東京ビッグサイトで2020年2月26日(水)~28日(金)の3日間で開催されている「スマートエネルギーWeek 2020」の「第16回[国際]水素・燃料電池展 ~FC EXPO 20...

続きを読む...

    EVが増えるだけじゃ地球に優しくない! 火力発電に変わり「水素発電」が注目されているワケ

    火力発電に代わる水素発電の未来 環境問題の対応策としてEV(電気自動車)への期待が高まっている昨今ですが、現在、日本国内で行なっている発電は石炭、石油、LNGを使った火力発電所がメインで、2018年で全体の77.9%を占...

    続きを読む...