「FCV」の記事一覧

「FCV」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

コンビニでFCEV用の水素燃料を買える時代が来る? 新マテリアル「水素化マグネシウム」に期待大!

この記事をまとめると バイオコーク技研が開発した新物質「水素化マグネシウム」 安全かつ簡便に水素を運搬・生成することができる FCEVをもっと身近な存在にする可能性をもっている

続きを読む...

ガソリン車レースに飽きちゃった人こそオススメ! 「市販EV」レースが想像以上の激しさだった

市販電気自動車とモータースポーツの関係 2010年の三菱i-MiEVの個人向け市販車販売としての登場から早11年。ほかにも日産リーフをはじめとした国内外の電気自動車(EV)も登場から時間が経過し、中古車両の流通もある。値...

続きを読む...

「ハイエースEV」「キャラバンHV」登場の日は遠い?  人気キャブオーバーバンが電動化されない理由とは

この記事をまとめると 車載スペースを優先的に設計しているため駆動用バッテリーが搭載できない ハイブリッド化は最大積載量が減ってしまう イニシャルとランニングコストが高くなってしまう

続きを読む...

セルフ水素ステーションがより身近になる? 海外の安全認証を取得した新型充填ノズルとは

セルフ式ノズルの大手が水素業界に参入 業界最大級となる「スマートエネルギーWeek 2020」が東京ビッグサイト西・南展示棟および青海会場で開催。今回、展示会のひとつ「第16回[国際]水素・燃料電池展 ~FC EXPO ...

続きを読む...

燃料電池車の低価格化に期待! 八千代工業が大量生産を可能とする水素タンクを参考出品

カーボン製造技術を水素タンクへと展開 埼玉県狭山市に本拠を持ち、燃料タンク、サンルーフといった自動車部品の開発・製造から、カーボンフレームの陸上競技用車いすの製造も行っている八千代工業(ヤチヨ)が、2020年2月26日(...

続きを読む...

韓国の自動車メーカー「ヒュンダイ」 10年振りに燃料電池車(FCV)を日本市場に投入して復活を遂げるか

日本のナンバーを取得したFCVを展示 東京ビッグサイトで2020年2月26日(水)~28日(金)の3日間で開催されている「スマートエネルギーWeek 2020」の「第16回[国際]水素・燃料電池展 ~FC EXPO 20...

続きを読む...

    EVが増えるだけじゃ地球に優しくない! 火力発電に変わり「水素発電」が注目されているワケ

    火力発電に代わる水素発電の未来 環境問題の対応策としてEV(電気自動車)への期待が高まっている昨今ですが、現在、日本国内で行なっている発電は石炭、石油、LNGを使った火力発電所がメインで、2018年で全体の77.9%を占...

    続きを読む...