「タグ: Gクラス」の記事一覧

希少なショートボディ・カブリオレ G320のシティオフローダースタイル

カジュアルに楽しむ小粋なハードメイクを「ボンドショップ東京」が提案新型登場で話題のメルセデス・ベンツ Gクラスだが、今ではすべてのモデルがいわゆるロングボディと呼ばれる5ドアに一本化されているが、かつてはこの”...

続きを読む...

メルセデス・ベンツ Gクラスの老舗が放つ「W463カスタマイズの最終形」

従来型Gクラスのカスタムシーンで一目置かれる都会派オフローダールックスへメルセデス・ベンツGクラスでのカスタマイズの老舗である「ゲレンデヴァーゲンファクトリー」が、W463における最終進化形を完成させた。Gクラスがクロー...

続きを読む...

セレブを魅了するメルセデス・ベンツGクラス最新モードがカリフォルニアから上陸

注目のトレンドセッターのマッドスターで刺激度満点!人気再燃をみせるメルセデス・ベンツ Gクラス。新型にモデルチェンジしてもなお従来型”W463″のカスタム熱が収まる気配はない。アメリカンスタイルを...

続きを読む...

メルセデス ベンツ・新型Gクラスカスタム、「ブラバス」から早々にデビュー

39年振りにフルチェンした新型Gクラス、名門ブラバスが速攻カスタマイズ!日本でも先頃発表された新型Gクラス。39年ぶりに生まれ変わったキング・オブ・SUVに、早速カスタムモデルが発表された。手掛けたのは、やはりというべき...

続きを読む...

メルセデス・ベンツGクラスのモンスターをラッピングでアプローチ

ストリートをダイナミックに舞う「G550フォーバイフォースクエアード」純正モデルでメルセデスが生み出したモンスターカーの数少ないうちの一台が「G550 4×4スクエアード」であることに異論はないだろう。そんな至極のメルセ...

続きを読む...

機能は最新を投入、最強メルセデスSUV「Gクラス」伝説が再び!!

外観はキープコンセプトながら中身は最新現代的に生まれ変わった“G”39年もの長きに渡り多くの人に愛されてきたGクラスが今年ついに新型へとフルモデルチェンジを果たした。タフネスさとモダンな機能が融合した最新のGをじっくりと...

続きを読む...

Gクラスに履かせたい「メッシュデザイン」が織りなすエレガントホイール

幅広いメルセデスSUVで味わえるBELFE Designのハイパフォーマンスメルセデス・ベンツとメッシュホイールの組み合わせは、近年では相性の良さが認知され、人気急上昇なカスタムスタイルとなっている。特に注目されているの...

続きを読む...

「G350d」ベースで蘇った涙モノの復刻カラー、463台限定を買うならいま!

黒・白・シルバーだけがGクラスじゃないホンキで最後の「Gクラス特別仕様車」「ゲレンデバーゲン」と親しまれ、実に39年の年月を不変のスタイルで貫いてきたメルセデス・ベンツ Gクラス。2018年3月には、ジュネーブショーでつ...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. 日産スカイラインGT-Rが蝕まれていく恐怖「過走行トラブルと劣化のポイント」

    貴重な愛車と向き合うための秘訣とは? 20万km/...

  2. FC3S型 RX-7の歴史を振り返る「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー」

    日本を代表するスポーツカーに昇華したRX-7。 SA22Cの後継、FC...

  3. 大切なホイールをガード!! 複雑な造形に対応する「スプレー式プロテクションフィルム」

    ボディコーティング&内装リペアのプロが施工、 複雑な曲面のホイールやボ...

  4. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  5. 「チームタイサン」がスカイラインGT-Rなど往年の名マシンをオークションに出展

    鈴鹿サーキットでオークションを開催 マニア垂涎のパーツやグッズも出展さ...

  6. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  7. 90年代の国産スポーツカーがアメリカで大ブームな理由

    90年代のジャパニーズスポーツが 全米最大のカスタムカーショーを席巻!...

  8. 【歴代ジムニー大全・3代目 JB23編】大ヒットとなった新規格のロングセラーモデル

    軽自動車規格の改定に伴ってモデルチェンジ、 ボディと室内の寸法が大きく...

  9. 【歴代ジムニー大全・2代目編】18年間の積み重ねで乗用車としての質を向上させた

    オンロード性能を両立させてファンを獲得、 2代目は快適性が大きくアップ...

  10. 車中泊と仮眠は大違い!道の駅やSA/PAに宿泊する無法者が増殖中

    駐車できるスペースならばどこでもOK?? 意外と知らていないタブーな場...