「タグ: WORK」の記事一覧

「WORK」が鍛え上げて作り出した、ハイパワーを引き出すホイール2選

クルマとのマッチングで変わるホイール選びいまや国産ホイールを履くことのハードルは霧散し、自分にあったホイール選びこそが大切な時代となった。走りに特化したBMW専門プロショップ『TECH-M』が推すのは、コンセプトの異なる...

続きを読む...

ワークジスタンスW5Sへ、上質に薫る限定カラーモデルが登場【大阪オートメッセ2018】

100セット限定の鳳凰エディション、“イミッツ”にはバブリーなカラーモデルも!「ワーク」のブースで注目したいのは2モデルの限定カラー。特に『ワークジスタンスW5S』の鳳凰エディションは、大阪オート...

続きを読む...

ボディと足元のグッドバランスに情熱をかける人々の集い【ホイールインパクトジャパン】

ホイールにクローズアップした初のイベント、[WHEEL IMPACT JAPAN 2017]ポートメッセ名古屋で開催された「ホイールインパクトジャパン2017」は、ネーミング通りアルミホイールを中心に足回り系のカスタマイ...

続きを読む...

“究極の普通”をカタチにした末永く履ける「ランベック」最新作

ノームコアで魅せる正統派ホイールそれがワークの「ランベック LS1」ノームコアとはファッション業界用語で、究極の普通という意味。反対語はハードコアで、人との違いを出す服装のこと。現在、そんなノームコアに注目が集まっている...

続きを読む...

WORK「シーカー」をアップデートした現代的メッシュホイール

大口径3ピース構造で魅せる要素をプラス「グランシーカー」のデビュー作コンパクトカーを軸に、スタンス系で熱狂的な人気を誇るワークのブランド「シーカー」。これまで、18インチと19インチの2種類のみというサイズ展開を理由に、...

続きを読む...

「ホログラムリムレザータトゥー」でホイールのオリジナリティを演出

「ワーク」ロゴ以外にチーム名なども刻印可能世界に1本というホイールが手に入れられる魅力的な新作を続々とリリースするホイールメーカー「ワーク」。あまり知られていないが、人との違いを演出したいオーナーたちに向けた個性的なワン…

続きを読む...

質実剛健で正統なるホイール「マイスター」の第4モデル

強靭な6スポークデザインをベースに現トレンドを薫らせた3ピースホイール流行り廃りという概念を超え、定番の逸品として盤石の地位を固める「ワーク」の『マイスター』シリーズ。その4thモデルとして披露されたホイールが『マイスタ...

続きを読む...

【大阪オートメッセ2017】創立40周年のワークは新作テンコモリ!!

今年創立40周年を迎えたホイールメーカー『ワーク』2017年モデルは新作/復刻版/輸入車用と多彩だ大阪オートメッセの6B号館の入り口すぐの位置に居を構える「WORK(ワーク)」。今年で40周年を迎えたホイールメーカーの名...

続きを読む...

見逃し厳禁!【RAYS & WEDS & WORK】厳選新作ホイール27タイプ

鍛造「ジュラルミン」ホイール登場!日本が誇る3メーカーが新作ラッシュこの季節になると活発となるのが国内ホイールメーカー。今年も東京オートサロンでは多くの2017年モデルが相次いで発表された。なかでも活気が溢れていたのが、...

続きを読む...

モータースポーツで培った技術を投入!ワーク『RSα』

機能性とデザイン性を両立したマシニング加工ゴールドをシックなイメージに変身させるシャープに削ぎ落とされた10本スポークと、深くと落とされたセンターコーン。どこを取ってもスポーツホイールらしい精悍な表情を見せるのが『ワーク.…

続きを読む...

メッシュデザインを採用するワーク新作『グノーシスGR204』

『グノーシス』のシンボルであるピアスボルトエレガントさを演出する2ピースホイールアルミホイールメーカー「ワーク」からVIPセダン・オーナーには見逃せない新作モデルがデビュー。それが『グノーシス』シリーズ第四弾に当たるメッ...

続きを読む...

ファッション界の最新トレンドをホイールに投入!ワーク「ランベック」

「究極の普通=ノームコア」を極限まで追求したデザイン2016年度の新作ホイールとして発売されたワーク「ランベック」。ワゴン&ミニバンに最適・最新のブランドだ。フィン、スポーク、ディッシュの3種類をラインアップし、サイズは...

続きを読む...

ミニバン& SUVを足長に魅せる「ワーク」2016年モデル

「アバンツォーネ」シリーズ初のプレミアムなカラーと22インチを設定ホイールメーカー「ワーク」の「アバンツォーネ・フィルボーレ」は、SUVやミニバンに最適な2016年の新作モデル。伸びやかなフォルムと都会的で高級感あるデザ...

続きを読む...

オートサロン2016「ワーク」が新ブランド”Lanvec”とT7Rの2ピースホイールを発表

ミリ単位でインセットを選べる新作を追加東京オートサロン2016に新製品をたくさん持ち込んだホイールメーカーの「ワーク」(東ホール8)。なかでも注目は、新ブランドのLanvecだ。写真左から5メッシュのLD1、クロスメッシ...

続きを読む...

  • 『af imp.』の記事一覧
  • 『WAGONIST』の記事一覧
  • 『VIP STYLE』の記事一覧
  • 『GT-R Magazine』の記事一覧
  • 『HIACE STYLE』の記事一覧
  • 『K STYLE』の記事一覧
  • 『SUBARU MAGAZINE』の記事一覧
  • 『XaCAR』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧
  • 『only Mercedes』の記事一覧

ウィークリーランキング

  1. 20年の時を経て復活!! 古い軽自動車をイジって楽しむ憧れカーライフ

    長期間放置されたドンガラと思えぬほどに 活き活きと蘇った"瑠璃色ライフ...

  2. 44歳 現役宣言!! 現代にタイムスリップした「ステップバン」

    昭和49年式ゆえの年季が入ってますが、 オートマ&エアコン装備で走りも...

  3. SUPER GT レースクイーンの「セクシーすぎる夏コスチューム 大公開・前編」

    さらに色気がパワーアップした 夏コスな彼女たちに大接近!! SUPE...

  4. マツダの飽くなき挑戦「ロータリー・エンジン搭載車ヒストリー(国内編 Part 1)」

    マツダが育て、日本の技術で完成した 名機"ロータリー・エンジンの歴史"...

  5. 極細「ごんた屋」&スケスケ「AIWA」 両巨頭ブースのキャンギャル夢の競演!【東京オートサロン2017】

    スケスケと超露出で話題の エロコス2ブースが集結! カスタムカーの祭...

  6. 見逃し注意!セクシーコスチューム「キャンギャル」大特集

    透けているだけでも十分! V字にカットされた胸元が眩しい 東京オート...

  7. SUPER GT レースクイーンの「セクシーすぎる夏コスチューム 大公開・後編」

    まもなく見納め? 全14人の夏コス大公開! SUPER GTを彩るレー...

  8. クルマ好きのオッサンは必ず知ってる「懐かしのアイテム5選」

    40代〜50代にとっては懐かしいはず? いまや見かけなくなった絶滅危惧...

  9. 「スバル360誕生 60周年」アメリカの地を激走した”サブロク”の中身をチェック

    あのグレートレースを走破した 60年前誕生のサブロクに乗ってみた♪ ...

  10. 本物の”SUPER GT”ボディを纏うナンバー付きRX-7【クロスファイブ】

    構造や設計が全く異なるボディキットを 1年がかりでマイカーへ移植手術 ...