「タグ: WORK」の記事一覧

独創性に富んだアルミホイール、似て非なるスポークとディッシュの新作2モデル

意外な関係性を持つグノーシスの新作2モデル!日本のホイールメーカー、WORKの「GNOSIS(グノーシス)」ブランドから、『CVX』と『CVD』という注目すべき2本のホイールが登場した。大まかに言うと、基本デザインは同一...

続きを読む...

【第2回 美魔女トーク】3回連続放映「社員もビックリ新作パーツ情報を大胆発言!!」

面白すぎる美魔女トーク今回は・・・アルミホイールの老舗ブランド『WORK』をプロデュースする株式会社ワークの代表「田中知加サン」、車高調で人気の足回りブランド『RS☆R』を率いる株式会社ティエムシーの代表「寺井久美子サン...

続きを読む...

「WORK」が鍛え上げて作り出した、ハイパワーを引き出すホイール2選

クルマとのマッチングで変わるホイール選びいまや国産ホイールを履くことのハードルは霧散し、自分にあったホイール選びこそが大切な時代となった。走りに特化したBMW専門プロショップ『TECH-M』が推すのは、コンセプトの異なる...

続きを読む...

ワークジスタンスW5Sへ、上質に薫る限定カラーモデルが登場【大阪オートメッセ2018】

100セット限定の鳳凰エディション、“イミッツ”にはバブリーなカラーモデルも!「ワーク」のブースで注目したいのは2モデルの限定カラー。特に『ワークジスタンスW5S』の鳳凰エディションは、大阪オート...

続きを読む...

“究極の普通”をカタチにした末永く履ける「ランベック」最新作

ノームコアで魅せる正統派ホイールそれがワークの「ランベック LS1」ノームコアとはファッション業界用語で、究極の普通という意味。反対語はハードコアで、人との違いを出す服装のこと。現在、そんなノームコアに注目が集まっている...

続きを読む...

WORK「シーカー」をアップデートした現代的メッシュホイール

大口径3ピース構造で魅せる要素をプラス「グランシーカー」のデビュー作コンパクトカーを軸に、スタンス系で熱狂的な人気を誇るワークのブランド「シーカー」。これまで、18インチと19インチの2種類のみというサイズ展開を理由に、...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. セリカLBやサバンナRX-3! クルマ好きを熱くさせた昭和を代表する国産スポーツカー3選

    70年代のヒーロートリオ  幕張メッセで4月7日(日曜日)まで開催され...

  8. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  9. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  10. トヨタスープラが約2000万円! 日本車も健闘した「RMオークション落札価格トップ5」

    熱視線が注がれたジャパニーズ・スポーツ  アメリカ・アメリア島で「RM...