「福祉車両」の記事一覧 - 3ページ目

「福祉車両」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

トヨタ・モビリティ基金が進化させる「下肢麻痺者」の移動手段! 優勝を勝ち取った「超軽量セルフバランス車いす」とは

トヨタ・モビリティ基金が投じられた障がい者向け補装具の開発 WHO(世界保健機関)の推定では、脳卒中、脊髄損傷、多発的硬化症等により、下肢麻痺者は世界中で毎年25万~50万人程度増加していると言われています。これらの傷が...

続きを読む...

答えは集合住宅にあった! 日本でEVが普及しない本当の理由とは

「全会一致」が原則の集合住宅 新たなインフラを作る難しさがある 脱ガソリン車が叫ばれている昨今ですが、ここ日本では海外に比べると思うように普及が進んでいない。その要因として補助金やインフラ、走行距離問題など色々と指摘さ…

続きを読む...

新しいものは「若者向け」は間違い! EVが高齢者におすすめの理由とは

知らないからこそ感じるEVへの不安 改めて使い方を聞いてみた 政府によると遠くない将来、純ガソリン車の生産がストップする。となると、今まで新参者として避けてきたEV車を購入候補に入れる人が増えるだろう。そのEV車だが、実...

続きを読む...

便利装備のひとつとして積極的に選びたい「回転シート」! 自分の環境にあったクルマの選択が重要だった

座席からの立ち上がりが楽になる 福祉車両に設定がされている座席の回転シートは、乗用車では助手席側、ミニバンでは2列目に設定されている場合が多い。乗用車では、トヨタ・ヤリスが運転席側にも設定している。ここでは、回転シート車…

続きを読む...

高齢者の「踏み間違い」事故の抑制にも効果があるのにナゼ? ハンドルのテレスコピック不採用車がいまだ多いワケ

より求められる「安全」に対する社会貢献の意識 疲れにくいクルマの運転には「正しい姿勢」が密接に関係し、それは最近問題になっている「ペダルの踏み間違い」軽減にもつながる。そこでキーとなるのが「テレスコピック機構」というス…

続きを読む...

クルマでよく見かける「四つ葉・車いす・身体障がい者」マーク! 自身も周囲も再確認すべき本当の意味とは

まずは全ての人が「誰のため」「何のため」の標識かを認識すべき 70歳以上のドライバーを保護するという観点からクルマへの取り付けが推奨されているのが高齢者マークだ。「四つ葉マーク」などと呼ばれ、すで広く知られているため、四.…

続きを読む...

普通車だけじゃなく大型自動二輪免許も取れる! 今は耳が聞こえなくても「自分で運転」する時代

耳が聞こえなくても運転できる機会がある現代社会 障がい者が運転免許を取得できる範囲が広がっている。中でも聴覚障がい者に対する運転免許の条件が変更されている。平成20年6月にあった道路交通法の改正で変更されているので詳しく...

続きを読む...

ヤリスの「前席回転シート」こそ目指す世界! 特殊なクルマ感など不要な福祉車両へのアプローチ

助手席側のほうが足を外へ出しやすい とくに高齢な家族や人を同乗させる場合、私の経験からすると助手席がいいのではないかと思う。 体が曲がりにくくなったり、力が入りにくかったりする場合、助手席側のほうが足を外へ出しやすく、…

続きを読む...

3 / 5012345...»