「福祉車両」の記事一覧 - 3ページ目

さらに車種で絞り込む:

トヨタ『踏み間違い加速抑制システム』を発売、ディーラーで装着可能に

超音波センサーが障害物を感知し、ペダル踏み間違いによる暴走事故を抑制するトヨタは、ディーラーオプションとして先代『プリウス(30系)』と『アクア』に後付けできる衝突軽減安全システム『踏み間違い加速抑制システム』を発売した.…

続きを読む...

高齢者に優しい乗降性を実現! 福祉車両化を身近にする3アイテム

高齢者や体力に不安のあるご家族と一緒にクルマで出かけるとき、ネックになるのは乗り降りです。福祉車両に買い換えるという選択肢はもちろんアリですが、今あるクルマにちょっとしたサポート機能を後付けする方法もあります。そこで自…

続きを読む...

回転シートが後付け可能に!! 高齢者の乗り降りを賢くアシストする

純正シートメーカーが制作した高い精度。福祉車に買い換えずに助手席回転が可能に高齢化社会になり、両親を買い物に連れて行ったり、病院への送り迎えをしたり、一緒にドライブしたりというクルマの使い方をしている家庭は増えている。…

続きを読む...

クルマのシートが車いすに!トヨタ福祉車両のキメ細かいラインアップ

ラインアップを充実させるだけでなく福祉車を理解した人がいる店舗を展開数多くの車種をラインアップするトヨタは、福祉車両のラインアップも多種多様なモデルが用意している。その充実さは国内メーカー屈指で、さまざまな人に対応でき…

続きを読む...

乗降をサポートする「福祉車両・リフトアップシート車選び」のポイント

乗せる人の状況や好みにあわせて選びたい助手席&後席で便利なサポート機能高齢化社会の訪れとともに一般的になってきたのが、ファミリーカーとして福祉車両を選んだり、愛車にサポート機能をつけるという選択肢です。その中でも人気の…

続きを読む...

「自操式福祉車」初心者が運転の練習ができるホンダ「シミュレーター」システム

「自操安全運転プログラム」で運転操作に慣れたかをポイント化運転補助装置で自ら運転できる自操式福祉車両。健常者にとっては他人事かもしれないが、実は生活習慣病などが原因で、それが必要となる可能性は決して低くない。しかし、ど…

続きを読む...

デイサービスの大人数送迎が利用者の負荷を高めている現実と変革

小さな送迎車で狭い道もスイスイ少人数送迎はスタッフの負荷も軽減最近よく見かけるのがデイサービスやデイケア施設の送迎車。使用される車両の大半はトヨタのハイエースで、続いて各社のミニバンという状況だ。今後、この手の施設は増…

続きを読む...

3 / 8«...234...»

ウィークリーランキング

  1. 国産長寿モデル4種!モデルチェンジしないで20年超

    昭和に誕生してから平成まで 基本スタイルを変えずに生産 2017年1...

  2. 自衛隊で活躍する最も身近な「高機動車」【働くクルマ】

    交通機動隊…の交機じゃない もう一つの“高機”に注目! 地域によって...

  3. 実力はスペック以上!280馬力自主規制でパワーダウンを余儀なくされた国産車5選

    日本車だけ設定された上限280馬力の壁  日本のお役所、お役人は、何か...

  4. 最高落札価格は3.6億円! レクサスLFAは新車価格の2倍以上で落札

    フォードGT40の"キッズカー"は328万円 海外オークションで有名な...

  5. スマートキー車の盗難が増加!?「リレーアタック」から愛車を守る方法とは

    所有者を尾行してスマートキーの電波を傍受 電波を転送して盗難する「リレ...

  6. 「オイルの交換サイクル」が1万km以上に延びた理由

    メーカー推奨のオイル交換サイクルは ターボ車でも1万5000km毎にな...

  7. ミニバン最強のブレーキ性能! 日産GT-R化されたエルグランドを披露

    注目はオレンジのボディカラーはGT-R専用色  2月9日からインテック...

  8. CR-XにインテRのエンジンを搭載したモンスターマシン

    アメリカの定番チューン「エンジンスワップ」 国産車にも対応したパーツが...

  9. 新しいアウトドアを楽しむ!驚きの今どきキャンピングカー5選

    クルマ旅こそベース車選びにもこだわりたい!!  3日間で6万7848人...

  10. トヨタ新型「GRスープラ」国内仕様が初登場!TRDもカーボン製エアロを発表

    GRスープラの空力性能を高める機能パーツ  1月14日にアメリカ・デト...