「メーカーワークス>セダン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

メルセデス・ベンツCクラスを一部改良、プラグイン・ハイブリッド復活でラインアップ充実に

パワートレインを一新 メルセデス・ベンツ日本(MBJ)は、主力となるDセグメントモデルのCクラスを一部改良。PHEVをセダンに復活させたほか、スポーツ財団の名前を冠した特別仕様車「ローレウスエディション」をセダンとステー...

続きを読む...

メルセデス・ベンツ 新型CLA & CLAシューティングブレークを販売開始 472万円〜

個性派セダン&ワゴンは安全面もSクラス並みに 個性的なスタイリングで人気のメルセデス・ベンツCLA&CLAシューティングブレークが、2013年の登場以来初のフルモデルチェンジを受け、2代目モデルが登場した。 スタイリング...

続きを読む...

室内スペース確保に有利な前輪駆動ではなく、 高級車に後輪駆動(FR)が多いワケ

無駄で贅沢なことこそ美学 日本を代表する高級セダンのトヨタ・クラウンをはじめ、ドイツのプレミアムブランドであるBMWやメルセデス・ベンツの主要モデル、さらにはイギリスのロールスロイスやアメリカのキャデラックなど、国を問わ...

続きを読む...

「自動運転」の技術レベルは? 東京五輪で大きく進化する理由にナットク

いま日本で買える自動運転に近いモデル 自動運転テクノロジーの進化は加速するばかり。法整備が課題とされていますが、日本でも道路交通法の改正により、自動運転作動中においてはドライバーが運転中にスマートフォン操作する「ながら…

続きを読む...

日産最強のDNAを継ぐ市販車、NISMOロードカーが存在する意義

“スポーツ=硬さではない”という奥深さを体感する レーシングカーは、硬いサスペンションを備え、サーキットを走る。そのような印象を抱く人が多いだろうが、間違いでもなく正しくもない。一般の乗用車に比べ...

続きを読む...

最高スペックを誇る、V6エンジン搭載のアウディRS 5スポーツバック登場

RSの称号にふさわしいハイパフォーマンス アウディ ジャパンは、A5スポーツバックをベースとした初のRSモデル「RS5 スポーツバック」を発売。R8やRS6といった、アウディのハイエンドスポーツモデルの開発拠点であるアウ...

続きを読む...

アテンザがマツダ6に車名変更! フラッグシップまで上りつめた歴代モデルを振り返る

初代から17年経過したDセグメント車 2019年8月からアテンザより「MAZDA6(マツダ シックス)」という名前に改められたマツダのフラッグシップモデル。”アテンザ”と聞くとまだまだ歴史の浅いモ...

続きを読む...

【W140型 Sクラス】圧倒的な存在感で世界をリードしたメルセデス・ベンツのフラッグシップ

バブル末期の日本で評価された第三世代 メルセデス・ベンツは、創始者ゴットリーブ・ダイムラーとカール・ベンツによって造られ、2人の信念は今日のメルセデス・ベンツ車造りに脈々として受け継がれている。 ゴットリーブ・ダイムラー…

続きを読む...

1 / 7123...»