「ワークスチーム>セダン」の記事一覧

「ワークスチーム」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

さらに車種で絞り込む:

マーチが330万円という衝撃! 手組エンジンでわずか30台限定の「A30」の中身が圧倒的だった

ほど良く「ホット」なオーテック30周年記念車 日産車のラインアップには、ハイウェイスターやライダー、ニスモなど様々なワークスカスタム車があるのはご存じの通り。それらの中で、特に個性的だった1台が「マーチ ボレロA30」だ...

続きを読む...

名車だらけの「いすゞ」乗用車のハイパフォーマンスモデル! 「イルムシャー」ってそもそも何?

いすゞのハイパフォーマンスカーを仕立てたイルムシャー 海外では様々なSUVを生産・販売しているいすゞ自動車は、今や国内市場においては大型トラックやバスの専業メーカーとなっています。そんないすゞ自動車ですが、かつてはトヨタ...

続きを読む...

雪国以外でも使える機能がいっぱい! 新車購入時に「寒冷地仕様車」をあえて選ぶメリットとは

寒冷地仕様には場所を限らない普遍的メリットも クルマのカタログの最後のページは装備表となっており、その中には寒冷地仕様というオプションがあることが多い。寒冷地仕様はその名の通り、冬場の気温がマイナス10度以下になることが.…

続きを読む...

売れないことが許せないほどの完成度! セダン氷河期に逆らうように「攻めに攻めた」モデル3選

乗用車の定番「セダン」で王道を行くには かつてセダンは長きにわたり乗用車の定番として君臨したジャンルだ。ところが昨今はミニバンやコンパクト、そして新興勢力であるSUVの急激な追い上げもあってそのシェアはどんどん下がるばか...

続きを読む...

クルマ好きの神メーカー! マツダがほぼ全車にMTを設定するワケ

マツダがMT車を展開している強い意志 日本国内の新車販売に占めるアニュアルトランスミッション(MT)車の比率が2%を割って久しい。ドライバーがクラッチペダルを踏んでシフトレバーでギヤをチェンジしながら走るMT車は、現時点...

続きを読む...

旧来のカスタム派も熱視線! いまSTI・GR・オーテックなどメーカー系コンプリートカーに注目が集まる理由

人気を集めるメーカー公式コンプリートカー トヨタのGRやニッサンのニスモとオーテック、ホンダはモデューロ、スバルならSTIと、各自動車メーカーに付随するチューニングブランドたち。これらのブランドからリリースされる市販車ベ...

続きを読む...

知らなきゃ損する「ワークス系」エアロパーツがコスパ最強なワケ

寸法・品質・耐久性でも折り紙つき エアロパーツは空気の流れを整え、空気抵抗を減らしたりと、ダウンフォースを発生させ安定感を増したり、開口部を大きくとって冷却性をアップするなどの機能がある。もちろんドレスアップ効果や材料…

続きを読む...

意外な共通点もあった! 国産自動車メーカーの歴史とルーツ【ダットサン・スバル・ダイハツ編】

日本の産業界の姿が重なる3社「日産」は、その歴史をたどるなかでもっとも古くから自動車製造と関りをもってきたメーカーである。その過程でプリンス自動車工業と合併したことは有名だが、プリンスと同様に航空機産業から歩みだしたの…

続きを読む...

1 / 1312345...»