「メーカーワークス>セダン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

シートベルトは乗員を守る命綱! 「メルセデス・ベンツ」は1950年代から乗員の安全を追究

世界一の安全性を求めて最も重視した安全装備 クルマの事故が起きた際、乗員の安全を如何に守るか。セーフティファーストであり、乗員を守る命綱「シートベルト」が大切なのは周知の通りです。その歴史を遡ると、1951年にメルセデス...

続きを読む...

ダイハツTAFT(タフト)コンセプトを世界初披露!遊びに仕事にいい軽SUV

ガンガン使えるタフな軽クロスオーバー ダイハツは東京オートサロン2020に、新型の軽クロスオーバー「TAFT(タフト)コンセプト」を世界初出展。このTAFT コンセプトは、2019年の東京モーターショーに展示したコンセプ...

続きを読む...

悲しき真実、カルロス・ゴーン被告の影響を受けたクルマには名車が多かった

日産にとっては救世主だったのか『ノストラダムスの大予言』によると恐怖の大王が降ってくる予定だった1999年、日産自動車はフランスの自動車メーカーであるルノーと提携。2兆円あまりの有利子負債を抱えて倒産寸前だった日産自動車...

続きを読む...

次世代高速通信“5G”時代到来! 未来のクルマの「安全」や「自動運転」など技術進化に期待

音楽や動画を楽しむだけじゃない「5G」のメリット 今、何かと話題になっている通信技術が「5G」だ。5Gの“G”はGenerationの頭文字で、日本語で言うと「第5世代」目の通信技術を指す。世界的にも次世代の通信技術とし...

続きを読む...

韓国車から米国2位のメーカーまで「日本では生き残れなかった自動車ブランド5つ」

日本市場に復活する可能性は少ない現実 乗用車メーカーだけで8社がひしめき合う日本は、海外メーカーにとってシェアを広げていくのは難しい市場だ。そもそも輸入車全体のシェアも小さいうえ、輸入車の中でもドイツ車に人気が集中してい…

続きを読む...

1億円のスーパーGT-Rも展示! NISMOイベントで見つけた「注目のスカイライン&フェアレディZ 15台」

日産GT-R50 by Italdesignを初披露 今年で22回目の開催となる「NISMO FESTIVAL(ニスモフェスティバル)」が、静岡県・富士スピードウェイで行なわれた。コアなファンの集いともいえる同イベントは...

続きを読む...

高級車ブランドの日産「インフィニティ」とホンダ「アキュラ」を日本導入しないワケ

あのレクサスでも年間6万台程度 トヨタの高級ブランドとして北米で「レクサス」チャネルの展開が始まったのが1989年。日本での導入は2005年からと時間がかかったが、いまではレクサス・ブランドのグローバル販売で1割弱のシェ...

続きを読む...

輸入車も多数! 新型や未来のクルマが集う「大阪モーターショー」12月6日より開催

女性目線を意識したイベントも実施 大阪モーターショー実行委員会は、2019年12月6日(金)〜9日(月)の4日間、 大阪府大阪市住之江区にあるインテックス大阪にて「第11回大阪モーターショー」を開催する。  大阪モーター...

続きを読む...

1 / 9123...»