「メーカーワークス>セダン」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

1代限りで消滅した「小さな高級車」 時代を先取りした悲しき国産セダンを振り返る

高齢化社会の日本でブーム到来はあるか ボディサイズは小さくとも機能や内外装を上質にした「小さな高級車」、輸入車ではイギリスのバンデンプラプリンセスやベンツ190などの成功例もある。しかし日本車では、そういった目的として市...

続きを読む...

なぜ、売れなくなった? セダンからスポーツカーまで、30年で変わった車種ジャンルの栄枯盛衰

平成はスポーツカーや高級セダンが百花繚乱 令和も2年に入ったが、中高年齢層のクルマ好きにとって、最も思い出深い時代といえば”平成元年から平成2年”だろう。西暦なら1989年から1990年であり、日...

続きを読む...

電子制御からEVシステムまで、20年で劇的進化を遂げたクルマの技術とは

特別なクルマや技術がイッ気に普及 2000年前後で加速的に進化したクルマの技術は多々ある。なかでも、今から23年前の1997年にトヨタが発表した初代プリウスは画期的だった。いまとなってはハイブリッドカーは一般的なクルマと...

続きを読む...

トヨタ「静電気」を使った世界初の塗装技術を開発、従来式とは異なる仕組みとは

塗着効率を従来比25%以上アップ トヨタは、車体塗装工程で従来から使用しているエアスプレー式の塗装機に代わり、静電気を活用し空気を使わない「新型塗装機(エアレス塗装機)」を開発。エアレス塗装機は、塗着効率(噴霧した塗料に.…

続きを読む...

ド派手なエアロパーツが減ったのはナゼ? トレンド以外に見えてくる保証や先進装備の問題

新車購入時にオーダーできるパーツの充実化 最近、走っているクルマを見て感じること。ひと昔前は頻繁に見かけた、ド派手なエアロパーツを付けた車両が減った気がする。理由は単なるトレンドの流行り廃りだけじゃなく、メーカー系ブラ…

続きを読む...

【自動運転は本当に普及できる?】ステージアップさせるために見えてきた大きな課題

ハンズオフが投げかける法整備などの課題 2017年、ドイツのアウディが「レベル3」の条件付き運転自動化を導入すると発表をしたことにより、自動運転への期待は一段と高まった。だが、現在にいたるまで法整備などの点でまだ市販に至...

続きを読む...

東京オリンピック再び! 1964年と2020年の「聖火リレー伴走車」今昔物語

オリンピックの聖火を伝えゆくクルマ 開幕が近づいてきた東京オリンピック。聖火がギリシャから届くのは3月20日。場所は東日本震災から10年が経過し、復興を遂げつつある東北宮城県の松島市。近隣の地点を経て26日に福島県楢葉町...

続きを読む...

クルマのリアウイングはカッコだけ?「純正エアロパーツはどんな効果を生み出すのか」

モータースポーツでの勝利のために誕生 自動車にとって空力性能は重要なテーマだ。高性能スポーツカーにもならず、近年はエコカーでも空力性能を追求し、様々なフォルムの車が登場している。空力特性を向上させるためにオリジナルのボ…

続きを読む...

1 / 12123...10...»