クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • 山崎元裕
  • 山崎元裕
著者一覧 >

VW「ゴルフR」用エアロパーツ完成! エッティンガーのエアロは取付が簡単でフィッティングに優れているのがポイントです

ドイツのVW&アウディチューニングの老舗、エッティンガーは、ゴルフのトップモデルとして君臨する「ゴルフR」の生誕20周年を記念して、ゴルフRに対応する新しいチューニング・プログラムをスタートさせている。2022年10月に日本市場にも上陸したゴルフRの気になる最新チューニングを紹介しよう。

ノビテックがマセラティ「MC20」を711馬力に! ラグジュアリーGTに仕立てる独自の手法とは

ドイツに本拠地を構えるノビテックは、マセラティMC20のチューニングモデルを披露しました。フェラーリやランボルギーニ、マクラーレンなど数十年にわたってチューニングしてきた同社が、MC20をどのような仕様に仕立てたのか詳細をお届けしましょう。

706馬力! ロールス・ロイス「ゴースト」を40ミリローダウン! スポーフェックの上品カスタムのメニューとは

ドイツのノビテック・グループに属するスポーフェック社は、ロールス・ロイスのブラック・シリーズを専門に取り扱うチューニングメーカーです。「ブラックバッジ・ゴースト」をベースにスポーフェックが仕立てたカスタムモデルの詳細をお届けします。

810馬力のベントレー「ベンテイガ」。マンハートが過激にチューニングした「BT800」とは

ドイツのチューナー「マンハート」が、ベントレー「ベンテイガ」をベースにしたBT800をリリース。810馬力へとチューンアップされたエンジンを搭載したBT800を解説します。

マンハートがBMW X4Mをベースにチューニング! 最速SAVモデル「MHX4 600」とは

ドイツのマンハートがBMW X4Mをベースにした「MHX4 600」をリリースしました。エクステリアのエアロパーツはもちろん、シャシーや足まわなども強化済み。エンジンはノーマルから125psもアップしたモンスターSAVの詳細をレポートします。

マンハートがBMW「M4 CSL」をさらに過激に! 702馬力の「MH4 GTR II」の中身とは

2022年9月2日に発売されたBMW M4 CSLは全世界で1000台の限定生産です。日本には25台が正規輸入されています。同車をベースにマンハートが仕立て上げたのが「MH4 GTR II」。走りを突き詰めた、同モデルの詳細をお届けしましょう。

ハーマンからBMW「M4」のエアロキット登場! 30ミリローダウンの迫力のルックスを生みだしたパーツ構成とは

ドイツのエアロパーツメーカー「ハーマン」からBMW M4クーペのエアロキットが登場しました。エクステリアは、フロントスポイラー、ルーフスポイラー、センターとボトムの2ピースに分割されたリアデフューザー、リアウイングレットなどを用意。詳細をレポートします。

オーダーして納車までに2年。フェラーリのワンオフモデル「SP51」にはルーフがない! 「812GTS」がベースのV12スパイダーとは

魅力的な車種をラインアップするフェラーリですが、特に最近では自分自身の好みを反映させた特別なフィニッシュをオーダーする「ビスポークモデル」の人気がクローズアップされています。フェラーリ812GTSをベースにしたワンオフモデル「SP51」を紹介しましょう。
share:

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS