BNR32チーフデザイナーが語るGT-Rへの想い (1/2ページ)


「レースに勝つ」をテーマにデザインした
R32型スカイラインGT-R

「わたしの中でスカイラインは『速いハコ』。セダンが基本であり、クルマ全体で速さを表現するものだと考えています」

そう語るのは、日産R30型スカイラインのマイナーチェンジを皮切りに、R34型までの直6エンジンを搭載するスカイライン、そして第2世代GT–R(BNR32、BCNR33、BNR34)すべてのデザインに携わった西泉秀俊。9141

「クルマとして我慢したところがないと言い換えてもいいでしょう。それはデザインだけでなく、パッケージも含めてすべてが新しかった。見ていて清々しかったですね」
また、一介のデザイナーの想いが細部まで反映できた、とも西泉は語る。

「32の開発当初はエクステリアデザインだけでなく、ヘッドカバーやエンブレム一つに至るまでトータルでわたしがデザインしていました。つまりチーフデザイナーとして隅々まで自分らしさを表現できました。32のマイナーチェンジごろから分業化が進み、それをチーフデザイナーが監修するスタイルに変わりましたので……」

その拘りの一つが、フロントフェンダーに付くGTのエンブレム。
西泉はGT–R以外に赤バッジを付けることを頑に拒んだ。そのため、GT–R以外は無地のメッキ塗装(GXi以外)となっている。「赤いGTバッジはGT–Rの証。それを他のグレードに採用するのはありえない、と個人的には思っていました。ただ、32の後期型ではあっさりタイプMも付きましたけれど……」と笑う。

じつは、西泉がR32型スカイラインのデザインチームに加わったのは、そのクレイが4分の1からフルサイズに移行する時期からだった。