高速道路「制限速度120キロ引き上げ」のメリットとデメリット (1/2ページ)


合法的に120km/hで走行できる

警察庁が安全性の条件を満たす高速道路の一部区間の制限速度を120km/hに引き上げを認める方針を固めたことがニュースなどで報じられている。
制限速度が120km/hに引き上げられるのは、新東名高速道路・静岡県内の御殿場〜浜松いなさジャンクション、東北自動車道・岩手県内の花巻南〜盛岡南インターチェンジの区間で、2017年にも試用されるようだ。DSC_0202

50年以上据え置かれてきた高速道路の制限速度

そもそも高速道路の制限速度が100km/hに制定されたのは、今から50年以上も前となる1963年に日本初の高速道路・名神高速道路が開通したときだ。それからクルマも高速道も進化し、高速化していく。それなのに制限速度は、さすがお役所仕事ともいえるほど改訂されることはなかった。
一説には、制限速度を引き上げて交通事故が増えたときの責任を取りたくなかったようだ。SP01880038-source

その一方で、大型トラックの速度超過による事故が増え、平成15年9月よりスピードリミッターの装着が義務づけられた。その結果、大型トラックは90km/h以上のスピードが出なくなった(大型トラックの高速道路の制限速度は80km/h)。
それでも走行車線をゆっくりと走行するクルマがいると、大型トラックは追い越し車線へ。どんなにがんばってもリミッターが作動する90km/h走行となる。DSC_0339

日本の高速道路の最低速度は50km/h。さすがにこの速度で走行しているクルマがほとんど見ないが、トラックに追い越されるようなクルマは70〜80km/hで走行している。
つまり、現行の制限速度100km/hとの速度差は20〜30km/h。速度無制限区間をもつドイツのアウトバーンから見れば、日本の高速道路では「速度の格差」は小さいといえる。

1960年代の日産スカイラインと日産GT-Rの現行モデル。50年間でクルマの進化は著しい。