「セルシオ」ドレスアップでVIPカーの頂点を目指す (1/3ページ)


30系セルシオの頂点を狙うために
2年間の充電期間を経て活動を再開

トヨタ・セルシオの後継モデルとなるレクサスLSがVIP業界を賑わせている昨今。
だが30セルシオは、永遠の現行車。カッコ良さは今も色褪せない。
2016年のVIPスタイル1月号の表紙を飾ったのはトヨタ30系セルシオ。
そのオーナーである中森クンも、30系を愛する一人だ。「てっぺんを獲る」という強い決意を胸に秘め、これからも「相棒」と共に歩み続ける。Main01

VIPセダン創成期の1990年代初めから、トヨタ・セルシオは数あるベース車の中でも別格な存在であった。
初代の10系から常に羨望の眼差しを浴びていた一台であり、その地位は最終型の30後期まで全く崩れることはなく、長きに渡りセダンの「顔」として君臨し続けてきた。

今後「セルシオ」の名を冠した新型セダンは出ないにせよ、これから先もセルシオはセダン界の「絶対王者」であるべきだと思う。
それは筆者の切なる願いであるが、きっと多くの読者もそう思っているに違いない。中森クンはこれまでトヨタ14系マジェスタと日産32系グロリアに乗ってきたが、やはりセルシオには強い憧れを抱いていた。

「僕にとってセルシオは、トヨタのキングオブセダン。将棋で例えるなら、まさに『王将』だと思う。特に30系はスタイルが斬新で、今までにない上品な雰囲気を感じました」。

一時期はワゴンに走っていたが、彼を再びセダンに戻りたいと想わせた1台が、何を隠そう30セルシオだった。クルマを買う前から、すでに「30系をブリスターにしたい」という構想が頭に浮かんでいたという。Main02

「30系は激戦区だと分かっていましたが、一度は乗りたかったクルマ。だからライバルが多いクルマで、てっぺんを獲ろうと決めたんです」。
前期を買ってすぐに後期化し、夢に描いていたブリスターを製作して2012年の大阪オートメッセで披露。内装&オーディオも作り込み、完成度を高めていた。
そして約2年の充電期間を経て、今年再デビュー。中森30セルシオの第二章が始まった。