渋さのなかに際立つブリスターフェンダーを纏う「30後期セルシオ」 (1/3ページ)


派手な装いでもシンプル
九州VIPを代表する一台

九州のセダンは本当に個性的。今年2月20〜〜21日に福岡県・福岡ヤフオク!ドームで開催された『福岡カスタムカーショー』でデビューした小林クンの30セルシオも、間違いなくその一台である。
ボディは超ワイドだが、トータルで見たら渋い。昔から派手とシンプルが共存していた、九州VIPを象徴するかのようなクルマだ。Main01

家から近い場所にあったカードレスアップショップ「ブレーン」のアンテナショップである「オートガレージブゥビィ」。店先にズラリと並べられたセダンを見て、いつかはトヨタ30系後期セルシオに乗ろうと決めた小林クン。このとき彼は中学生だった。
最初は周りに乗っている人が少ないという理由で、18系クラウンを購入。しかし夢を諦めきれず、2年半後30系後期セルシオに乗り換えた。

「本州には負けない」という気合いを込める

現在の仕様は、毎年2月に開催される福岡カスタムカーショーに向けて製作したもの。このイベントには、有名車輌を手がける九州のプロショップも数多く出展し、最新のユーザーカーが会場を埋め尽くす。
各地から多くのギャラリーも訪れることから、九州のユーザーにとっては憧れのステージである。
特に今年はセダンの出展が尋常じゃないほど多く、しかもどのクルマもハイレベル。「本州には負けない」という、気合いの高さを感じ取れた。

リアもレクサスLS用エアロ『X10』の造形を変えず、エグジスタンスプレミアムのバンパーと一体化。テールランプは光り方が異なる、レクサス純正に変更
リアもレクサスLS用エアロ『X10』の造形を変えず、エグジスタンスプレミアムのバンパーと一体化。テールランプは光り方が異なる、レクサス純正に変更

「カスタムカーショーの出展は、今年で3回目になります。以前から九州のセダンの勢いがすごいと感じていて、負けたくない想いもあって今回は大胆にリメイクしました」と小林クン。

ブリスター+オバフェンで逞しいスタイリングへと進化し、さらにディープなアメ鍛(アメリカ製鍛造ホイール)を履かせてUSテイストを強めた。
ボディカラー次第ではかなり目立つと思う内容だが、あえてセルシオ純正の202ブラックを選んでビシッと引き締める。
昔からハデとシンプルがキレイに二分化していた九州地方だけに、今回の仕様は双方の良さを上手に融合させたと言える。
「今年はカスタム部門の優秀賞に選ばれ、本当に嬉しかったです。新年早々いいスタートが切れました」。