ドレコンとサーキット走行会を同時開催するオールジャンルイベント【SAM】


クルマ好きに垣根ナシ!楽しければOK
サーキット主催の異色イベントだ

スーパーGTなどの舞台として有名な宮城県のスポーツランドSUGO。
普段はモータースポーツのファンで賑わう場所だが、年に2回のビッグイベント「SAM」はオールジャンルのクルマ好きが大集合する!
レーシングコースでは手に汗を握るレースやタイムアタック、パドックではドレコンという垣根を越えた祭典なのだ。今年2回目となるこのイベントが11月3日に開催された。01

「SAM」とは『SUGOオールジャンルミーティング』の略称。
サーキット自らが走り系イベントを主催するのは珍しくないが、ドレスアップコンテストとなると話しは違う。「クルマ好きという共通点はみんな一緒、異ジャンルを見ればお互い刺激にもなる!」とのコンセプトでスタートした。02

例年は春と秋に開催されており、ココに向けて愛車を仕上げてくる人も多いほど。中心となるコンテンツはドレコンと模擬レースだ。
ワゴンやミニバン限定のレースがあるのは、おそらく日本全国でココだけ? レースが始まればコースサイドや観客席は大勢のギャラリーで埋まり、ドレコン会場では逆にレース参加者がドレスアップカーに投票する、なんて交流ももはや日常の風景となった。03

まさに、スタイルは異なれど「クルマが好き」という気持ちには垣根がないことを証明している。

スーパーカーやヒストリックカー、そしてドレスアップカーによるパレードランも行われた。
全域で先導車が付いて追い越し禁止とはいえ、国際サーキットをヘルメットなしで走れるのは貴重なチャンス。定員までなら同乗も可能!04 05 06

パドックには有名メーカーや地元プロショップがブースも並ぶ。
写真はSUGOのお隣になる名取市で店舗を構える『Kレーシング』のみなさん。得意とする軽自動車のレースカーや、オリジナルのグッズなどを展示していた。07 08 09

特設ステージではジャンケン大会やソーダ一気飲みなどのアトラクションを開催。
コースとパドックにそれぞれ専門のアナウンサーがおり、会場を盛り上げてくれるのもSAMの魅力だ。10 11

(レポート&撮影:佐藤 圭)

【関連記事】