「R32GT-R」の皮を被ったR35GT-R【ニスモフェスティバル2016】 (1/2ページ)


姿はコンパクトなR32GT-Rだが
中身はすべてR35GT-R

富士スピードウェイで12月11日に開催された「ニスモフェスティバル」に、日産R32型スカイラインGT-RにR35型GT-Rのパワーユニットを移植したモンスターが登場!
3.8リットルV6エンジンのみならず、トランスアクスルレイアウトのセミオートマ6速トランスミッションまで搭載していた!

R32スカイラインGT-RにR35GT-Rのパワーユニットを移植したのは、ハードチューナーとして有名な千葉県の「トップシークレット」。
過去にトヨタ80型スープラにセンチュリーのV12エンジンやV35スカイラインにV8エンジンを搭載したりと、パワーを追求したスワップチューンを世に送り出したことがある。このR32GT-Rには、エンジンはR35GT-Rの3.8LV8ターボを搭載。タービンはトップシークレットのR800+を組み合わせる。最高出力は800psとトップシークレットにしては控えめ。
じつは、R35のV6エンジンは幅があるため、これ以上大きなタービンを装着できなかったそうだ。

トランスミッションはリヤシート下に搭載
しかも6速のセミオートマ+4WD

トランスミッションは、これもR35GT-Rの6速セミオートマ。これをR35GT-Rと同じようにトランスアクスル方式で搭載。そう、リヤシート下にトランスミッションがあるのだ。さらに駆動方式は4WDと、まんまR35GT-Rのパワーユニットを移植したといえる。
もちろん、R35GT-RとR32GT-Rではホイールベースの長さもトレッドの幅も異なる。
これに対応するために、エンジンからミッションに動力を伝えるドライブシャフトと、ミッションに付いているトランスファーからフロントタイヤに駆動力を伝達するドライブシャフトの2本をワンオフで製作している。
リヤシートのスペース下にトランスミッションが見えるように、小窓を設けられている。さらにトレッドも異なるので、フロントのドライブシャフトもワンオフ。リヤの足回りはR35用を加工して流用しているそうだ。

そのため、フェンダーは前後片側3cmずつ拡大。フューエルリッドは、プッシュオープンタイプになっている。

ホイールは、フロントが10.5J×18、リヤは11J×18。どちらもOZ製の特注サイズだ。ブレーキは、ローターとキャリパーをこれまたR35GT-R用を移植している。
驚きなのは、ABSはもちろんR32GT-Rには装着されていないスタビリティコントロールも機能していることだ。R35のパワーユニットを一括して移植しているから、このような部分の制御まで流用できる。ただ、R32GT-R用にセッティングするには時間が掛かることだろう。

ちなみにマフラーはR32GT-Rの純正。チューンド3.8LV6エンジン用としてはかなり細い。トップシークレットの永田代表は、「とにかくノーマルのR32GT-Rらしさを残したかった」という。そんな遊び心がノーマルマフラーという選択をしたそうだ。
とはいえ、サイドにはアクチュエーター付きのマフラーを設けて、パワー対策はしているのがトップシークレットたるところ。