次世代のシュニッツァーを予感させるエアロメイク


ハイエンドスポーツBMW M4だからこそ
レーシーに機能系でキメる

AC SCHNITZER ACS4 SPORT

BMWが誇る最強のスポーツクーペ、M4をドイツ屈指のBMWチューナーがメイクを施す。スタイルアップファンなら誰もが心引かれるものなのではないだろうか。チューナーがACシュニッツァーならば、フルパッケージのスタイルアップを見てみたいと思うはずだ。そんなユーザーに応えるべく作り上げられたシュニッツァーのM4フルパッケージモデルが日本でお披露目されたので紹介しよう。af_10_104-105_01

af_10_104-105_02モデル名は通例にならって“ACS4 SPORT”である。スタイルのモチーフになたのは、やはりDTMドイツツーリングカー選手権に参戦するマシンだ。もちろん、実際のDTMマシンほどにメカニズムのカタマリといった趣ではないが、シュニッツァーは随所にレーシングパーツを思わせる機能的なデザインを盛り込み、M4に相応しいサーキットスタイルに仕立てている。

エクステリアのポイントは、ほとんどのエアロパーツがカーボン製でコーディネイトされていることだ。M4はBMWがエアロダイナミクスまで煮詰めたクルマとあって、アフターのエアロパーツがいかに計算された物といっても空力特性をスポイルしないことは至難の業である。

しかし、シュニッツァーは純正で究められたエアロダイナミクスをさらに磨き上げるべくパーツをデザインしている。とくにレーシーさをより際立たせているのが、フロントバンパーサイドに二段で備わる小さなカナードと、リアにそびえるレーシングウイング。これらは、高速走行での運動性にも優れたM4だからこそ意味を持ってくる。
走りとエアロデザインの関係を知り尽くしたチューナー、シュニッツァーならではのメイクといえるだろう。

装着ホイールは“タイプ5 フォージットモノブロック”20インチ。伝統の5スポークパターンとマット調の深いガンメタリックフィニッシュがレーシーだ。
バンパー下に左右分割でカーボン製のフロントフリッパーを装着。バンパー両サイドにはカーボン製の二段カナード。
DTMでもお馴染みのエアロ。エアロ的なハイライトのひとつがハイリフトタイプのカーボンリアウイング。ルーフエンドにはコンパクトながらインパクトあるルーフスポイラーを装着。荷物積載時にバンパーを保護するバンパープロテクターなど実用系アイテムも用意。リアビューを引き締めるディフューザーももちろんカーボン製。純正バンパーのデザインに合わせてインサートされている。
シュニッツァーオリジナルのエンジンチューニングに合わせ、排気系もリアマフラーとセンターパイプのフルシステムを装着。
アルミのシルバーにブラックを入れた縦溝をデザインしアクセル、ブレーキ、フットレストなどのペダル類も伝統のアイテム。センターに向かって徐々に握りが太くなる、独特な形状のハンドブレーキグリップも伝統を継承した逸品だ

エクステリアフロントカーボンフリッパー¥238,000+税
カーボンサイドウイング¥210,000+税
カーボンリアディフューザー¥290,000+税
カーボンレーシングリアウイング・ハイマウント¥520,000+税
カーボンレーシングリアウイング¥420,000+税
ルーフスポイラー¥62,000+税
トランクプロテクションフィルム¥18,000+税
チューニングパフォーマンスアップグレード¥600,000+税
エキゾースト・フルシステム¥620,000+税
サスペンションスプリングキット¥118,000+税
インテリアアルミペダルセット¥35,000+税
アルミフットレスト¥39,000+税
アルミハンドブレーキ¥28,000+税
ホイールタイプ5フォージド・モノブロック(9J×20 INSET+22)¥233,000+税
タイプ5フォージド・モノブロック(10J×20 INSET+33)¥243,000+税

アドベント TEL.042-306-7321 www.advent.jp