「ど派手!」ドレスアップカー9台・NAGOYAオートトレンド (2/4ページ)

これはマッハ号?ラメ入り塗装を随所に施す

ガレージ八幡
マツダRX-7

【関連記事】あえての17インチを選択! ツライチのS2000が圧巻の存在感だった【2022 RAYS FAN MEETING】

5K8A0568画像はこちら

愛知県のチューニングショップ「ガレージ八幡」のマツダRX-7のデモカー。アニメ「マッハGoGoGo」のマッハ号を彷彿させるオリジナルボディキットは、フェンダーデザインに合わせボンネットのカタチを決めたという力作。
ボンネットのエアアウトレットやフロントリップはピンクラメ、エアロドアミラーやサイドステップのくぼみにブルーのラメを配色。そのほかリヤフェンダーにも配色を施す。外観だけでなく、トラストTD07 25Gタービンを搭載し、きっちりチューニングしているところはさすがガレージ八幡だ。

歌舞伎役者の隈取りをイメージしたカラーリング

ガレージ八幡
トヨタ865K8A0618画像はこちら

ガレージ八幡のブース奥にひっそりと、しかしただならぬなオーラを放っていたトヨタ86。
片側6cmワイドというフェンダーを装着した幅広いボディキットを装着していることもあるが、そのオーラを感じさせるのはカラーリングだ。
森田代表自ら「歌舞伎をイメージして塗装した」というだけあって、目元(ライトまわり)はほんのりとワインレッドに塗装されているその様相は、まさに歌舞伎役者の隈取り。さらにボンネットのダクトまわりやリヤウイングなどにも、同様に角度によって見え隠れする彩色を施している。
エンジンは、トラストTD06 20G L2タービンを搭載しパワーアップ。インタークーラーをVマウントする。

画像ギャラリー