【DIY】バルブ交換だけでLED化が可能【2灯式H4ヘッドライト編】 (1/2ページ)

【DIY】バルブ交換だけでLED化が可能【2灯式H4ヘッドライト編】

2灯式H4バルブ対応のLEDは
配光性能で最優先して選ぶ

H4のハイ・ロー切り替え式LEDバルブの登場によって、現行モデル以外のクルマでも手軽にLEDヘッドライト化できるようになっている。

【関連記事】なんでもかんでもネット通販は危険! クルマのカスタマイズ「DIY」で損しない方法とは

MAIN_061画像はこちらだが、灯体がリフレクタータイプ(反射型)なので、バルブの配光性能がしっかりしていないと、カットラインすら出ないケースもある。バルブ選びは配光重視にすることが大切だ。

062画像はこちらハイビーム用のLEDとロービーム用のLEDを両方搭載し、両者の光源位置を厳密に調整。高い配向性能をウリにしているIPF製341HLB

<1>
純正バルブの配線のカプラーを抜く。引っ張るだけでいいものと、両端にツメのようなものがあり、「つまみながら引く」ケースもある。064画像はこちら

<2>
H4バルブは後部に防水用のゴムカバーが付いているので外す。これは手で引っ張れば簡単に取れる。065画像はこちら<3>
バルブ後部の座金(ベース)の部分が見える。H4は止め金で固定されているので、まずはそれを解除する。066画像はこちら<4>
止め金の形状は車種によっても異なる。どのようにロックされているかを見てから解除する。かかり方を覚えておくと戻す時ラク。067画像はこちら

<5>
ロックを外すと純正バルブが抜ける。H11のようなツメによるロックとは異なり、止め金のかかり方がいろいろあるのがややこしい。068画像はこちら

画像ギャラリー