【DIY】バルブ交換だけでLED化が可能【2灯式H4ヘッドライト編】 (2/2ページ)


<6>
LEDバルブを付ける前に座金を外す。座金を少し回すとロックが外れて、抜けるようになる。けっこうキツく締まっていて、手が痛いのでタオルなどを使うとよい。069

<7>
電球を外すときに解除した止め金を、元どおりに引っ掛けなおしてLEDの座金をロックする。中途半端な状態だと取れてしまうので要注意。070

<8>
座金のロック後、バルブを付ける前にゴムカバーを戻す。座金の部分まで押し込み、ゴムをしっかり密着させる。内側も密着させないと水が入る原因になる071

<9>
座金に対してLEDバルブ本体を取り付ける。目印はないが、正しい向きでしか入りようがないので大丈夫。072

<10>
LEDバルブを差し込んだら時計回りに少し回転させるとロックする。カチっというクリック感があって分かりやすい。073

<11>
最初に抜いた純正配線のカプラーをつなぎ直す。三極カプラーの3ピンの位置を合わせて差し込めばよい。074

<12>
最後にバルブの向きを確認する。基本的にH4は付けただけで正しい向きになる。向きがヘンなら取り付けが怪しい…。075

「LED STYLE 7(’16)」

20160531LED

1300円(税込)
交通タイムス社

【関連記事】


画像ギャラリー