レクサス3代目「RX前期」がスピンドルフェイスに大変身!


後期型純正スピンドルグリルをインストール
「ROWEN」がレクサスRX前期型用のエアロを開発

スポーティなエアロでお馴染みの「ロェン」が、3代目レクサスRX前期型を後期型フェイスに変えられるキットを開発。スピンドルフェイスにグレードアップできるのがポイントだ!

ROWEN_RX_01

エアロメーカーの「ロェン」が3世代目のレクサスRXを後期仕様に変更できるキットを発売している。
そもそも3世代目のレクサスRX前期型は、2代目に近いナローな形状のグリルを採用。そのフェイスをスピンドルグリルでバージョンアップできるというのが、このキットのポイントだ。
しかも、装着するレクサスRX後期型フロントグリルは純正パーツ(後期用上下グリル+モールが必要)。
自分で調達してもよいが、ロェンで新品を注文することもできる。ROWEN_RX_07

もちろんエアロのデザインは、ロェン・テイストをしっかりと強調。
ボトムデザインはシャープで、スポーティなデザインが採用されており、フォグライトの上にはLEDデイライトをしっかりとインストールする。
ココまでスタイルがリフレッシュされれば、もはや前期モデルの面影は見当たらない。
これなら、前期オーナーのみならず、この後期型ルックを目指して前期型のユーズドカーを探してカスタマイズという選択もアリだろう。
ただし、後期型はヘッドライトの形状が前期型と異なるため、このエアロはレクサスRX前期型専用となる。

フロントバンパーはロェンからフロントグリルとセットでの購入が可能。ロェンらしさを上手く表現したデザイン。フォグランプの上にはLEDデイランプをインストール。シャープなイメージをより強調している。デモカーのホイールは20インチのジュノゥ・ライジング

サイドステップはプレーンなデザイン。前後のデザインをさり気なくアシストしてくれる。リヤはメッシュダクトを備え付け、スピード感を高めている。

同社では、純正バンパー用にマフラー(PREMIUM 01S)も開発完了済み。テールはオーバル型を採用。120×80φ。メインパイプは60φだ。450hにのみ対応している。

【ROWEN SV-PREMIUM レクサスRX】

フロントバンパー¥129,600
フロントスタイルセット¥186,840
サイドステップ¥95,040
リヤアンダーディフューザー¥73,440
リヤディフューザーカバー¥34,560
PREMIUM 01S (450h用)¥178,200

レクサス純正部品(価格は2016年7月現在)

レクサス・ラジエターグリル¥41,580
レクサス・ラジエターグリルLWR¥13,392
レクサス・ラジエターグリルモール(右)¥2,592
レクサス・ラジエターグリルモール(左)¥2,592

ロェン事業部 TEL0565-52-8555 http://www.rowen.co.jp/

(レポート:ワゴニスト編集部・遠藤)

【関連記事】

「流れるウインカー」など点灯パターン9種!日産エルグランド用メニューも登場