「リバースリム」がデザイン性に優れたホイールである理由とは (1/2ページ)

「リバースリム」がデザイン性に優れたホイールである理由とは

タイヤのエッヂを落とし込む凹みが
ホイールの内側にあるのが「リバースリム」

クルマの足もとを飾る、あるいは走行性能の向上を図れるのがアルミホイール。
鍛造、鋳造といった製法の違いのほか、「リバースリム」という構造がある。
ディープなリムを演出するドレスアップ性の高いホイールによく使われている。「ノーマルリム」との違いや特徴をチェックしてみる。

【関連記事】ミシュラン パイロットスポーツカップ2に新規サイズが追加! 15台限定でモニター価格にて販売中

72GN2806画像はこちら
ホイールでタイヤを組み込み保持するリムは、ディスク部とともにホイールを構成する重要な部分である。そのリムには「ノーマルリム」と「リバースリム」の2タイプがある。
ホイールを横から見たときに、タイヤを組み込むときにタイヤのエッヂを落とし込む”ドロップ”と呼ばれる凹みが表側(ディスク面)寄りにあるのがノーマルリムで、裏側寄りにあるのが今どきのホイールチョイスではトレンドになっている「リバースリム」となる。

リバースリムの大きな特徴として、先述した凹みが内側になるのでディープリムデザインが可能となる。
また、ディスク面のデザイン性を高められることも功を奏して、ノーマルリムを採用した同サイズのホイールよりも見た目に大きく感じる迫力を生み出すことができる。

左はノーマルリムの18インチ。右はリバースリムの19インチ
画像はこちら 左はノーマルリムの18インチ。右はリバースリムの19インチ

写真は、「横浜ゴム」の『アドバンレーシングGT』というホイール。19〜20インチは「リバースリム」、18インチは「ノーマルリム」を採用する。その違いはスポークとリムの接合部のリムの深さ。「リバースリム」のほうが奥にありディープ感のあるデザインを可能とする。

画像ギャラリー