クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • CUSTOM
  • 安価な「ブースターケーブル」ではエンジンを始動できない
CUSTOM
share:

安価な「ブースターケーブル」ではエンジンを始動できない

投稿日:

TEXT:

ブースターケーブルの使い方と選び方
知らないと役立たないことも……

メンテナンスフリー化が進む最近のクルマでも、バッテリー上がり(過放電)は一番身近なトラブル。
JAFのロードサービス救援依頼理由でも、ダントツNo.1で、去年も全国で73万5326件も出動している。

バッテリーが上がったときは、ブースターケーブルさえ持っていれば、JAFなどを頼らなくてもエンジンを再始動できる。ドライバー必携のツールといえるだろう。

ただし、ブースターケーブルは、接続の順序が決まっているのはもちろん、ケーブルの種類によってはエンジンを再始動できないことがある。image3-2

ブースターケーブルの接続手順
トラブル車のプラス端子からつなぐ

  1. 救援車をブースターケーブルの届くところまで近づけて、エンジンを切る。
  2. 両車のボンネットを開け、トラブル車のバッテリーのプラス端子に、赤色のブースターケーブルのクリップを挟むimage4-2
  3. 赤いブースターケーブルのもう片方のクリップを、救援車のバッテリーのプラス端子につなぐ。
  4. 黒いブースターケーブルのクリップで、救援車のマイナス端子を挟む。
  5. トラブル車のエンジンの吊上げフック等(エンジン本体の未塗装の金属部ならOK 写真参照)に、黒のブースターケーブルをつなげる。image2-1
  6. 救援車のエンジンを始動し、アクセルを軽く踏んで2000~3000回転を約1分キープ。
  7. トラブル車のスターターを回して再始動。
  8. エンジンがかかったら、ブースターケーブルを取り付けと逆の順序で取り外す(これも重要)

通常は、これでめでたしめでたしとなるのだが、稀にブースターケーブルを正しくつないだのに、トラブル車のスターターが元気よく回らず、再始動できないことがある。

1 2

CAR ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

MEDIA CONTENTS

ranking

AMW SPECIAL CONTENTS