「ツライチ度」を高めるホイールサイズ選び (2/2ページ)

ハブ径が合っていないとホイールの真円は出ない

 もうひとつ、ハブ径も重要。ホイール(裏側)の中央の穴の径で、純正ホイールは、車体側のハブと、ホイールのハブ径がピッタリなので、真円を出しやすい。

【関連記事】もはや反則レベルの「溝なしタイヤ」! 今話題の「フージャータイヤ」がサーキット最強の理由とは

画像はこちらだが、社外品のホイールは、装着できる車種を増やすために、ほとんどがハブより大きなハブ径になっている……。「特定の車種専用ホイール」と謳っていても、ハブ径が一致するアフターのホイールがほとんどないのは残念でしかない。
ホイール画像はこちらできれば、別途ハブリングなど装着して、ハブとハブ径の一致にはこだわりたいところ。

スポーツ性を高めたいなら軽量な
1ピースのスポークタイプ

 最後に、ホイールの構造について。1ピースホイールは、リムとディスクが一体構造で、真円度が高く、バランス面でも有利。2ピース・3ピースホイールは、リムとディスクを別々に作り、組み付けるので、サイズの自由度が大きい。画像はこちら 形状的には、軽量化で有利なスポークタイプが、スポーツ用ホイールの主流。デザイン的には、メッシュタイプも人気が高く、輸入車などにはよく見られる。剛性も高いが、重量面ではスポークタイプに分がある。車体が大きなクルマには、ディッシュタイプも似合うが、重量面でのメリットは少ない。画像はこちら

(レポート:藤田竜太)

【関連記事】

画像ギャラリー