新作グラムライツが手にした「ハイブリッドマシニング」という偉大な武器


ダイヤカット×マシニングによる
レイズの特許技術が投入された

鋳造製法の常識を超越した軽さと剛性。そして、メイド・イン・ジャパンならではの卓越したクオリティ。
これら3つのファクターこそ、「グラムライツ」が長年に渡って培ってきた強力な武器だ。その優れた機能性に、工芸品レベルの緻密な造形美を加えた新作が『グラムライツ・アズール57ANA』。
デザインはオーソドックスな5組のU字スポークタイプ。特筆すべきは表面部分のフィニッシュで、マシニングとダイヤモンドカットという、2つの異なる行程を組み合わせた特許技術・ハイブリッドマシニングを投入したこと。かつて誰も成し得ることができなかった、2次元及び3次元の連続性を持たせた特殊加工(意匠登録出願中)によって、これまでにないキレ味と深みのある煌めきを実現させた。

眺める角度により、様々な変化を見せる表情の豊かさは、オーナーの所有満足度を高めると共に、装着車に秘められた個性と存在感を存分にアピールできる。
特にシャープな縦断面は、サイズ以上のワイド感の演出にも効果的。ディスクの仕様はフラット&プレーンな”フェイス1″と、センターサークルを深く落とし込ませた”フェイス2″を用意。カラーは、写真のシャイニングシルバーの他に、スーパーダークガンメタをラインアップする。
スポーツ派はもちろん、スパイスを効かせたラグジュアリースタイルを構築するためのツールとしても、ぜひオススメしたい。グラムライツ アズール 57ANA

 

『アズール57ANA』には新デザインのセンターキャップを与えた。シャイニングシルバーにはシルバー、スーパーダークガンメタにも同色のキャップが組み合わされる。グラムライツ アズール 57ANA

『アズール57ANA』のポイントが、シャープな縦断面を持たせたリムオーバータイプのスポーク。
斜めから見ると、滑らかな曲線が巧みに取り入れられているのが分かる。グラムライツ アズール 57ANA

特許出願中のハイブリッドマシニング。スポーク天面部にはダイヤモンドカット処理、センター側の折り返し部にはヘアライン調のマシニング加工が施される。グラムライツ アズール 57ANA

 

サイズは18〜20インチの国産車用を設定。
スポーツカーやセダン、コンパクトSUVの足元で、シャープでキレのある煌めきを放ってくれる。

グラムライツ アズール 57ANA
スーパーダークガンメタ/ダイヤモンドカットマシニング(HF)
グラムライツ アズール 57ANA
シャイニングシルバー/ダイヤモンドカットマシニング(SA)

『グラムライツ・アズール57ANA』のサイズ設定はコチラ

レイズ・ユーザーダイヤル TEL06-6787-0019
http://www.rayswheels.co.jp