次期型ハイエースと噂される”LCV CONCEPT”の正体は?【東京モーターショー】


「トヨタ車体」がCVの未来を想像させる3スタイルを提案

CV(コマーシャル・ビークル)やSUV、ハイエースベースの架装車などを生産する「トヨタ車体」が、東京モーターショー2017で商用車の未来を創造したコンセプトカーを世界初公開した。
トヨタ車体、LCV CONCEPT、LCVD-CARGO CONCEPT、LCV BUSINESS LOUNGE車名は、『LCV CONCEPT(ライト・コーマーシャル・ビークル コンセプト)』。
“コンパクト・フレキシブル・マルチユース”をキーワードに、商用車に求められる耐久性、経済性、積載性に加え、乗る人や働く人に“やさしい”をプラスした新発想の次世代マルチバンということだ。
今回の東京モーターショーでは、この『LCV CONCEPT』をベースに、3つのスタイルを提案した。
トヨタ車体、LCV CONCEPT、LCVD-CARGO CONCEPT、LCV BUSINESS LOUNGE

 

まず、『LCV D-CARGO CONCEPT(エル・シー・ブイ ディー・カーゴ コンセプト)』は、小口配送ビジネスの拡大を見据え、増加する女性の配達スタッフにもやさしい、働く環境をより快適に支える小型デリバリーバン。
トヨタ車体、LCV CONCEPT、LCVD-CARGO CONCEPT、LCV BUSINESS LOUNGE注目の架装ポイントは、左側スライドドアと低床フラットフロアにより荷物の積み下ろしが容易になることに加え、スライドドアは前後方向の両開きとなっているため、大きな間口を確保できる。
また、助手席を持たないことでスライドドアから運転席へ簡単にアクセスすることができるほか、長尺物の積載スペースとして活用することも可能だ。
加えてリアゲートドアは、狭い駐車スペースでも開口しやすい上下2分割式。配達スタッフの作業効率軽減に役立つ機能を兼ね備えている。

 

先ほどの『LCV D-CARGO CONCEPT』は標準ルーフに対して、『LCV BUSINESS LOUNGE CONCEPT(エル・シー・ブイ ビジネス・ラウンジ コンセプト)』は、世界で活躍するビジネスマンに快適なプライベート空間を提供するビジネス専用ハイヤーだ。
トヨタ車体、LCV CONCEPT、LCVD-CARGO CONCEPT、LCV BUSINESS LOUNGEハイルーフならではの広々とした頭上空間を備えており、リアキャビンにはコンフォータブル機能を備えた2脚のオットマン付きキャプテンシートを設置。
車内での着替えも容易に行なえるほか、スーツケースの収納に便利なスライド式ラックも設置。
使い勝手に優れながらゆとりに満ちたリフレッシュスペースを実現している。さらにキャプテンシートの前方には大型ディスプレイを備え、テレビ会議や多彩なインフォテイメントにも対応する。
トヨタ車体、LCV CONCEPT、LCVD-CARGO CONCEPT、LCV BUSINESS LOUNGE

 

最後はこちらもハイルーフとなる『LCV ATHLETIC TOURER CONCEPT(エル・シー・ブイ アスレチック・ツアラー コンセプト)』。
架装ポイントは、車いすアスリートがひとりで楽に競技用具を積み込み、乗り込んで、快適に運転することができる”車いすアスリート”のためのMyトランスポーターであること。
トヨタ車体、LCV CONCEPT、LCVD-CARGO CONCEPT、LCV BUSINESS LOUNGE特筆すべきは、ステアリングが前後に可動するステアリングテレスコピックと、シートが上下に可動するシートクッションリフターによって車いすから運転席へのスムースな移動を可能にしたこと。
また、床下格納ワイドスロープと車高ダウン機能によって緩やかなスロープ角度を実現し、車いすに乗ったまま楽に乗降できる工夫がなされている。 トヨタ車体、LCV CONCEPT、LCVD-CARGO CONCEPT、LCV BUSINESS LOUNGE豊富なキャビン空間にはパッセンジャーシートを1脚備えるだけなので、全長が長い車いす競技車両も分解せずそのまま積載することが可能に。
また、車いす競技車両をメンテナンスする際のスライドトレイやスペアホイール収納、脱着式ツールボックスなども搭載可能で、万全の体制で車いすアスリートをバックアップする。
トヨタ車体、LCV CONCEPT、LCVD-CARGO CONCEPT、LCV BUSINESS LOUNGE

 

1967年の誕生から半世紀が経過したハイエース。初代の10系から5代目の200系まで、日本のビジネスを支えてきた商用バンだ。
いまではプロユースに限らずパーソナルユースとしての人気も高く、多才な架装やカスタマイズも行われている。トヨタ車体、LCV CONCEPT、LCVD-CARGO CONCEPT、LCV BUSINESS LOUNGE

そのなかで『LCV CONCEPT』は、LCVの近未来を創造した3つのスタイルを発信しており、「次期型ハイエースか、どうか?」はさておき、その手法やコンセプトはハイエースカスタムの参考に大いに役立ちそうだ。